スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東小金井高架下のオンリーフリーペーパー

2015/01/12(月) 00:02:32 [詩文・俳文]

 中央線三鷹以西の高架化事業が完了し、高架線路に沿った新しい車道と遊歩道が長く一直線に整備されつつある。またそれに伴い、高架下のスペースには種種の商業施設が誘致され、開業し始めている。従来の中央線高架下のイメージを変革したいという意志なのだろうか、高級スーパー、保育園、黄緑色のシェアサイクル(レンタサイクルの進化した形態)等が今までに開設されている。
 東小金井駅の東側のブロックのオープニングイベント当日には、いかにも上級役人といった佇まいの、JR東日本の孫会社の社員達が、オレンジの腕章を着用したスーツ姿で周囲を巡回している。オシャレ系のカフェやアウトドアショップ、ベンチャー起業家のためのレンタルスペースなどが新規に営業を開始したその一隅に、「オンリーフリーペーパー」の姿を発見した。様々なジャンルのフリーペーパーを収集、配布する、一種のサブカルチャースペースである。最初は裏原宿、渋谷東側と原宿の間の、若者文化が盛んな場所に開業し、しばらくしてから渋谷のパルコ内に移転したが、この地において三度遭遇することとなった。
 JR系列の開発業者が仕切る高架下のに、どのような政治力があって潜り込んだものなのか、私には良くわからない。
 フリーペーパーとは言っても、この東小金井の店内には、ゼロ年代サブカルチャーの雰囲気は余り感じられない。店の中央に平積みにされているフリペの過半は、行政、地方自治体や企業の広報物である。そのことに違和感を感じないこともないが、それが悪いとも言えない。その種の配布文書は、手に取ると紙も印刷も良質で、費用をかけて作られたものであることがすぐにわかる。レイアウトもタイポグラフィも明るく読みやすく洗練されていて、読み物としてもフツーに面白い。
 「ののわ」(この地域一帯の高架下スペースを開発している、JR東日本の孫会社の広報物)のバックナンバーを、創刊号から全て入手する。これだけを一度に入手出来るのは滅多にない機会ですよと、その場にたまたま居た編集プロダクションの人が言う。
 一方、書棚にはいわゆる昔ながらの、個人発行のフリーペーパーも詰め込まれている。しばらくその中を調べる。知人の、古い創作物なども発見する。懐かしい。知人の中には、今でも健在で創作活動を続けている者もいれば、行方不明になってしまった者もいる。ある種のタイムカプセルのようであり、歳月の流れを感じしばし佇んでしまう。
 そしてまた、この地も中央線文化圏の一部、その延長線上に存在していることを再確認する。快速が停まらない、三線二ホームのこの小さな駅も、中野高円寺や吉祥寺から、確かに、一直線上に、存在している。
 高架線路に沿ってどこまでも、三鷹から国分寺まで一直線に続くはずの新しい遊歩道はしかし、一度完全に切断されている。東小金井武蔵境の間には、JR東日本の変電所が要塞のように蟠居しているからだ。遊歩道接続用の、土地の取得は大分以前に完了しているようだが、いつまでも工事は開始ないままオレンジのフェンスによって封鎖されたままだ。
 だから人は、一度北側に迂回して、スタジオジブリ正面の道を右折して、住宅地と団地の一角を通過しなければならない。



注:入手した「ののわ」創刊号から全ての号は、後日高円寺・みじんこ洞に寄贈した。
スポンサーサイト

中野のポプラ

2012/01/31(火) 23:28:19 [【11-12】夏と愛と]

中野駅北口バスロータリーにて)



そのままに冬の日向の休憩にぺたりと着地するポプラの葉



軽やかにでもなく厳かにでもなく
無我
在るままに雑踏(せかい)に降りる

春風の眼鏡

2010/02/06(土) 03:10:53 [【09-10】ちぃばす麻布ルート]

一月下旬としては異常に暖かく、
三月下旬か四月上旬と同じぐらいにまで気温が上昇したその日の夜も、
私は常と変らずいつもの駅前で自分の詩集を売っていた。
突然、小太りの男性が駅の方から大きな声で私を呼んで駆けてくる。
私が以前、中野の商店街で路上活動を試みた時に、
絡んできたヤクザを取り成してくれた占い師の人である。
遠くから、一目見て、私のことだとわかったと言う。

思わぬ場所での突然の再会を喜び、互いの近況などについて話す。
その人もやはり頻繁に現れるヤクザが嫌になって、
とうとう中野では商売をやめてしまったらしい。
今はこの辺の、営業時間後の銀行前や、
電車賃はかかるが郊外まで足を延ばして仕事をしているそうだ。

今日の夜の、そしてこれからの幸運を祈り合い、
僕たちは夜の街のどこかのそれぞれの現場に散って行く。

中野で会ったときは黒縁の眼鏡をかけていたように記憶するが、
今日のその人の眼鏡のフレームは明るいピンク色だった。



その人の眼鏡のピンクのフレームは真冬に舞い込む束の間の春

中野系の路上詩人に関する噂

2009/09/08(火) 01:26:31 [詩文・俳文]

元々の駅の場所から見ると、
甲州街道の下をくぐって代々木側に著しくはみ出してしまっている、
埼京線湘南新宿ラインのホームのために作られた、
JR新宿駅新南口の正面の歩道で、
平日の昼間から路上詩人が二人、自らの作品を広げている。
一人は男性、一人は女性である。
両人とも硯で墨を磨っては、毛筆で自らの作品を書きつけるスタイルで、
女性の方は浴衣姿である。

眼鏡をかけたその女性によると、
普段はここではなく、
営業終了後の深夜、中野サンモール周辺で活動をしているのだそうだ。
そこには、路上詩人やストリートミュージシャンが良く集まる
スポットのような場所があるらしい。
数年前までは、吉祥寺にも似たようなコミュニティがあったが、
ある時警察によって一斉に検挙されてからは、
中野がそのような人々が集う中心的なエリアになったと教えてくれた。

そういう話をただ何となく聞いているだけでも、
その街に対する好奇心が自分の中から湧いてくる。
その街に、何だか自分も行ってみたくなる。
今の自分は、何だかとても健康だ。

マスメディアを通さない、
自分自身が直接遭遇した情報を一つずつ追跡していけば、
いつか自分が納得できる場所、
心おきなく格闘し、燃焼し尽くせる場所
(現場とか戦場とか、呼び方は色々あるだろう)に、
辿り着くことができるだろうか?
私達が生きる今の時代において、
それはあまりにもナイーブ、
あまりにもアナクロニズム
あまりにもロマンチシズムに過ぎる考えだろうか?
何がリアルで、何がリアルでないかなんて、
そう簡単に分けることが出来ない事ぐらいは、
自分なりに理解しているつもりだけれども、
しかし、現代の技術文明におけるリアルが、ネット上にあるのだとしたら、
それと等しいだけのリアルがまた、路上にも存在していていいはずだ。

新中野

2008/12/21(日) 01:26:34 [【シリーズ】山手線から三駅目]

新宿以西の丸ノ内線青梅街道の地下を走っているが、
その青梅街道中野通りの交差点付近に設けられた駅が
新中野だ。
JRの中野から見て、南側にあたる。

幹線道路に沿った地下鉄駅に共通のことだが、
この駅自体は、周囲の景観にはほぼ何も影響を与えていない。
地上に出ると、黄金に染まった銀杏の並木が迎えてくれるが、
基本的には、何のメルクマールもない、
雑居ビルと集合住宅が混在する平凡な市街地の風景だ。



江戸時代の川越街道がそのまま商店街として残っている大山や、
幹線道路となっている現在の中山道と、
商店街になっている旧中山道が棲み分けを行っている
板橋区役所前とは異なり、
新中野周辺は青梅街道がそのまま現代の自動車道になっているために、
このような景観になっているのだろう。

新宿側の交差点から南に向かう一車線道路の両側に、
商店街が伸びている。
鍋屋横丁、略称鍋横というらしい。
何やら由緒のある地名だが、その由来はわからない。
そのような地名が残されているのだったら「新中野」などと名付けずに、
それを駅名にすれば良いのにと思うのだが。
鍋屋横丁の奥には、やはりそれなりに歴史的な出自がありそうな、
十貫坂上という地名もある。
もったいない。

鍋屋横丁の蕎麦屋の店内では、
バンドマンらしき中年のカップルが、
今回のチケットは何枚売れたかとか、
どこのライブハウスが良いとかという、
いかにもギョーカイ人っぽい会話をしている。
この辺は、中央線沿線サブカル文化圏の影響を色濃く感じる。
店員によるとこの蕎麦屋は、神田「まつや」の直系であるという。
その隣には、つけ麺で有名な池袋大勝軒を名乗ったラーメン屋があるが、
これもその直系だろうか?



「東西南北中武蔵(美園)」という言葉がある。
これはJR浦和駅の周辺の駅の名前を揶揄したもので、
元々何も無い所に街を作って駅を作ったので、
命名に窮して何の個性もない無機質な駅名ばかりが並ぶことになったのを
指摘したものである。
類似の言葉に、千葉県の船橋駅周辺を揶揄した
「東西新法典京成」がある。

これと同様に、中野近辺の駅名を揶揄するのなら
「東新坂上富士見新橋」とでもなるのだろうか?
もちろん現在の中野区は、
埼玉の浦和や千葉の船橋といった郊外とは異なる立地にあるのだが、
しかしこれらの駅名を見ると、
中野もまた、元々は何もなかった場所なのだなあということが感じられる。
そう言えば町名を見ても「中央」とか「本町」とかばかりだ。

江戸から姿を変えた近代都市としての東京において、
中野辺りは最も早く登場した郊外的空間なのかも知れない。
(いや、そもそも中野の「宗主国」である新宿こそが、
東京府の最初の郊外的空間なのかも。
「東西南西武西口三丁目」……。)



青梅街道に沿ってギャラリーが数軒あり、
女子美大生の作品などを展示しているが、
これもやはり中央線文化圏の影響だろうか?

この地域から北は、中野に向けての下り坂、
東と南はおそらく神田川に向かってのやはり下り坂になっている。
つまりこの街は、そこそこの高台に位置している。
その狭い路地が錯綜した住宅街を、
電動自転車に牽引されたクロネコヤマトの緑色のリヤカーが行く。
豆腐屋の人力リヤカーの人も
冬至の近い冬の早い夕暮れに笛を吹いて
客を集め始める。

中野

2008/12/04(木) 01:32:17 [【シリーズ】山手線から三駅目]

JR中央線・中央緩行線・地下鉄東西線の
計八本のホームが整然と並んだ中野駅の北口を出ると、
こじんまりとしたバスターミナルに、
発車時刻を待つ関東バスの赤い車体が
やはりこれも綺麗に整列している。
ターミナルの向こうは商店街、
中野サンモールが一直線に伸びて
中野ブロードウェイにまで続いている。

その入口の文明堂からカステラの甘い匂いが漂う。
商店街のみならず、
飲食店の分布する路地裏までもが
ほぼ垂直の碁盤目状に張り巡らされている。
この理路整然とした区画と、
ラーメン屋の種類と数の多さこそが、
中野駅北側の景観の最大の特徴となっている。
サンモールブロードウェイも良く賑わっている。



ブロードウェイには、1階から直接3階に繋がる変なエスカレーター、
そしてその3階にはかの「まんだらけ」がある。
有明や秋葉原が世界的に認められたオタクの聖地ならば、
東池袋やここ中野はいわばオタクの秘境なのだ。
とは言っても、近年のオタク文化の一般化、大衆化を反映してか、
ここ3階のマンガ店などは、
以前よりもずいぶん明るく清潔な雰囲気になっている。
ひところなどは万引き防止のために、
入店者は鞄をカウンターに預けなければならなかったのだが……。
店員もヘンチクリンなコスプレはしていないようだ。

まんだらけに代表されるいわゆるオタク文化系のショップ以外にも、
この階にはマニアックなCDショップや書店などが揃っているが、
カルチャー系のテナントを集めたフロアとして、
さほど奇異な印象は受けない。

タコシェも健在だ。

4階に上がる。
まんだらけの店舗も、この階に上がるととたんにディープさを増し、
吾妻ひでおのマンガに出て来る医者に似ている、
マスクを着けた怪しい雰囲気の店員が座っていたりする。
精神世界関連書籍の専門店。
その過半のシャッターが常に閉じられている最奥部に位置する
占い関係のテナント。
いつ来ても真正の瘴気、真正の禍々しさが濃厚に漂うフロアだ。
白く照らされた回廊の、明るい闇に狂気が潜む。
普通人が長居するべき空間ではない。

西友が入っている地下一階は、
生活の匂いがする、健康的でごく親しみやすいエリアだ。
サンモール的な、庶民の生活世界の延長である。
八百屋、魚屋、靴屋、雑貨屋、
フィリピンショップ

フィリピンショップ
フィリピン産の食料品などが並べられているその店内を覗くと、
フィリピン人の若い女性が携帯電話をいじりながら
口先だけで「イラッシャイマセ」と言う。
こちらをチラリとも見ない。
ここは日本だぞ。やる気がないにもほどがありすぎる……。

この階の最南端には、やはり何故か占いの店。
そして、二階のお好み焼屋に掲げられているのは、
まごうことなき、ニセトリコロール、
すなわち創価学会の三色旗!

ブロードウェイの4階的な、現実世界から最も遊離した
精神世界、オカルトワールド。
その偽りの世界理論、歪んだ世界解釈、
イミテーションとしての「聖なる天蓋」からは、
本来最も遠いはずの商店街的な庶民の生活世界の中にも、
いつの間にか奴らは侵入してくる。
そう言えば、テレビでは最近オカルト番組がなんだか多いなぁ……。

円環する世界解釈の構造全体がこのブロードウェイのビルには
凝縮されているのかも知れない。
しかしそもそも、何故、どこがどのへんが
ブロードウェイ」なのかはいくら歩きまわってもさっぱりわからない。



南口の、やはりコンパクトにまとまったバスターミナルには、
京王バスがやはり順序良く入ってはまた出ていく。
バス会社同士の守備範囲もこの街は秩序良く整理されているのだろうか。
丸井があった場所は完全に更地になっていて、
今度新しく店舗を立て直すのだという。

この南側は、中野中央郵便局、中野総合病院、官舎、
中野ZERO、もみじ山公園といった、
大規模な公共施設がかなりの面積を占めている。
冬の夕方になるともう薄暗く人通りも多くないようだ。
北口にもファミリーロードという繁華街があるが、
坂道を登りながら東側に曲がっている。
見通しも良くなく、またそれほど大きくもない。
フィリピンパブがある。

中野通りが通る、駅の北と南を結ぶガード下には
ネズミ対策キャンペーンの掲示が何枚も貼られている。
ドブネズミとクマネズミの生態の違いまで詳細に解説してある。



この駅から出る上り電車は、
中野始発のものと三鷹から来るものとで
発車ホームが異なっており、
先行発車する電車が実は今いるホームのものではないことに、
後から気付いたりする。
ところが、ホーム間の連絡通路は新宿寄りに一本しかなく、
しばしば人は非常に慌てることになる。
不親切である。

「大江戸」とは言うけれど

2008/08/18(月) 00:23:53 [【07-08】雑司ヶ谷下水道水難事件]

大江戸」の名を冠したるルビー色
平成生まれの平成育ち



大江戸」の名を僭称す6の字の
中野練馬も江戸じゃないだろ

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。