スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉並アステロイドベルト

2013/12/26(木) 16:14:48 [詩文・俳文]

 杉並区の、JR中央線京王本線とに挟まれた地帯をバスで縦走すると、一度は必ず、錯雑した狭小な経路の不可思議な空間を通過する。場所によっては、妖気すら漂わせている。永福町高円寺の経路も、下高井戸から桜上水を経て浜田山を結ぶ経路も、浜田山と阿佐ヶ谷の経路も、蘆花公園から高井戸を経て荻窪を結ぶ経路も、そうであった。
 何故なのか?
 東京都西部においてあるべき公共交通の姿を考えれば、中央線京王本線との間にはもう一本、東西に走る緯線が存在してもおかしくは無かった。太陽系におけるあるべき天体の構成を考えれば、火星と木星との間にもうひとつ、惑星が存在していても不自然ではないのと同じように。
 しかし現実には、火星と木星との間には、惑星は存在しない。存在するのは、アステロイドベルト、遂に惑星になれなかった、無数の小惑星の集合体だ。それと同じように、中央線京王本線との間には、緯線は存在しない。存在するのは、中央線の重力に屈して荻窪に吸着した丸ノ内線と、環七において夭折したその支線だ。どうしてそのまま真直ぐに、西に伸びなかったのだろう。
 井の頭線は彗星のようなイレギュラーな軌道でこのエリアを通過していく。
 だから僕はこの地帯を、杉並アステロイドベルトと呼称したい。
スポンサーサイト

南北バスすぎ丸 浜田山→阿佐ヶ谷

2013/10/13(日) 04:31:36 [【12-13】オレンジをアップデート]

 今日は休日なので、浜田山駅前発阿佐ヶ谷駅行きのすぎ丸バスの最終便は、バス停の時刻表によると19時00分発である。街角に見えるブックオフの看板に少し心魅かれつつも、そのバスに私は乗らなければならない。夕立が上がった後の七月の空はまだまだ明るくて、浜田山の駅前も人通りが多い。
 18時47分、バスが来る。地元の人間らしき老婆が、「鎌倉街道沿いを通る阿佐ヶ谷永福町行き」のバスの有無について、運転手に問い合わせている。このバスは平日と休日でダイヤが違い、また便によっては少し経路も違っているようだ。
 さっきまで乗っていた、下高井戸発浜田山駅南行きのすぎ丸バスと比較すると、このバスの車体は、さらに一回り小さい。座席はほぼロングシートばかりである。老人の姿が多い。定刻に出発した。
 ブックオフの角を右折して、北へ向かう。しばらくは、誰も乗り降りしない狭い道のバス停を、淡々と通過し続ける。人見街道という、一応車道らしき車道に出ても、それは変わらない。冷房が強い。それが体に堪えるのか、さっきの老婆が後部座席を頻繁に左右に移動している。
 左に曲がって、浜田山小学校でようやく、別の老婆が降りた。住宅街やマンションの植込みが視界に迫ってくる。児童交通公園で一人乗る。件の老婆が降りる。
 善福寺川緑地を通る。本当にただの住宅街だ。逆方向、阿佐ヶ谷発のすぎ丸バスとすれ違う。こちらと異なり、向こうの車内にはそれなりに人が乗っているようだった。
 一転して団地エリア、阿佐ヶ谷住宅の一帯に入る。まるでゴーストタウンのような、荒廃しきった景観である。廃屋らしき団地の敷地を囲い込む、解体工事用の白い壁が冷たさと淋しさとを強調する。得体のしれないカーブをグルリと回る。街路樹等の手入れも適切になされていないのだろう、妖しく伸びた木の枝が思い切り音を立ててバスの屋根を擦る。
 ここが今回のワープゾーンだと思った。京王線沿線のどこかから、中央線沿線のどこかに路線バスで北上する時は、いつもこうだ。必ずどこか、こういう次元の狭間のような空間を一度は通過する。永福町から高円寺に向かった時も、芦花公園から高井戸を経由して荻窪に向かった時も、そうだった。浜田山から阿佐ヶ谷へ向かう今回も、やはりそうであった。
 杉並区役所前を右折して中杉通りに入った時点で、乗客は三人しか居ない。始発から終点まで、このバスの乗客が六人を超えることは一度もなかった。終点の二つ手前、阿佐ヶ谷南一丁目で、さらに一人降り、最後まで乗っていたのは、私ともう一人の男性だけであった。
 ロータリーに入っていくバスの窓から、阿佐ヶ谷駅南口のディラ前の路上を見る。私にとっては見慣れた風景だが、この角度、この高さから望むのは始めてだ。今日のその場所には、路上詩人は居ない。ドッペルゲンガーなど居ない。
 浜田山駅方面へ向かう折り返しの終バスは19時30分で、この便に限っては浜田山を通って、永福町まで行くのだった。それなりに人が乗り込んでいた。

京王バス 永福町→高円寺南口

2013/07/01(月) 14:45:15 [【12-13】オレンジをアップデート]

 井の頭線永福町駅は、基本的には住宅街の中に位置しており、周辺にそれほど商業施設が多いわけではない。駅出口の近くには取りあえずドトールとケンタッキーとパチンコ屋とがあるが、マクドナルドは存在しない。駅周辺よりも、むしろ駅ビルの各階層に、生活上必要と思われる様々な店が集住している。スーパー、本屋兼文房具屋、パン屋兼喫茶店、洋服屋……。駅ビルの屋上は小さな公園のようなスペースになっており、週末の午後になると子供を遊ばせる家族連れの姿が散見される。
 高円寺駅南口行きのバスは、駅の東側を通る幹線道路の路肩から発着している。その車体は、一見して普通の路線バスと比べて明らかに小さく、短く、定員も少ない。乗ることが出来た。
 乗ることが出来た、というのは、乗客数のことではない。バス停の時刻表によると、このバスが高円寺まで直通している時間帯は限られており、夜は十八時台で終わってしまうのである。それ以降は、京王線と中央線との間の、どこなのか良くわからない杉並区のどこかで降ろされてしまうことになる。
 発車するとすぐに左折する。交差点には、つけ麺の有名店の一、永福町大勝軒の出汁の香りが充満している。同店前に並ぶ行列を後にしつつ、一方通行の商店街の、あまり幅広いとは言えない道を徐行していく。車窓からみた限りでは、この商店街はさほど賑わっているわけでも活気に溢れているわけでもないが、それでもそれなりに人の波がある。
 再び車道に出る。左折する。「高千穂商科大学入口」というバス停がある。全く知らない、名前も聞いたことが無いような大学だが、遥か以前、二十世紀の終わり頃に、試験監督か何かのアルバイトで来たことがあるような気がする。
 バスは右折して、再度住宅街の隘路を走り始める。大宮八幡という神社の森が視界の左手に結構長く続いた後、善福寺川を渡って、スポーツ公園のある一帯を通る。車窓には存外に緑が多い。誇大に表現するならば、初夏の明るい夕刻の緑のワープゾーンを通過している気にさせられる。疾走感は無いが、爽やかだ。
 住宅街の狭小な道を走り続ける。松ノ木住宅とか、松ノ木公園とかいう固有名詞に、時めくものを感じてしまう。こんなに狭い道を走るのだから、この路線はやはりこの車体でなければならなかったのだろう。コミュニティバスではないが、コミュニティバスに非常に近い役割を地域交通において果たしている。
 高円寺は割と良く遊びに行く街だ。駅南口のロータリーからこのバスが発着する風景だけは、何度も目撃していた。車体に表示される永福町の文字だけは認識していたが、それがどんな街で、またどんな道を通ってここまでやってくるのか、全く知らなかった。今、このバスが進むほどに、その全く知らなかった道が明らかにされていく。
 五日市街道に出る。大法寺前、丸ノ内線の新高円寺駅を経て、あとは普通の自動車道だ。北へ向かって直進し、終点までの所要時間は永福町から十八分。バスは回送車両となって去って行く。降車したバス停の隣のバス停の屋根の下で、ストリートミュージシャンが一人アコースティックギターを弾いている。まだ明るい。

西新宿五丁目

2011/12/01(木) 13:52:08 [【11-12】夏と愛と]

 都営地下鉄大江戸線西新宿五丁目駅には、(清水橋)という副称がある。周辺を歩いてみる。朝の渋滞情報でしばしば名前が出る「清水橋交差点」というのはここの事なのかと初めて知る。
 駅前の立食い蕎麦屋の閉じ切られたシャッターに、テナント募集の貼り紙がされている。
 西に向って頻繁に路線バスが走る。京王バスである。あまりにも本数が多いので、そのつもりが無くても何時の間にか行き先を覚えてしまう。ひとつは「方南町経由永福町行き」、もうひとつが「佼成会聖堂前行き」である。
 「佼」という字は「佼成会」という固有名詞以外で使われているのを見たことが無い。「佼成会聖堂行き」という路線名も珍しい。例えば「創価学会○×会館行き」とか「幸福の科学△□支部行き」などという路線名はどこのバス会社もあまり付けたがらないだろうと思うが、この法人に限ってこの名称が許されるのは何故なのだろう。
 潰れた蕎麦屋の前で、色グロコーカソイドの男性が二人、正面から向き合って完全にぴったりと密着して立ち話をしている。新宿中央公園裏の閑静な住宅地の晩秋の夕闇に、非合法な取引が行われているようにしか見えない。

高円寺

2010/07/16(金) 05:02:25 [【09-10】ちぃばす麻布ルート]

中央線の高架下に長く連なる飲食店街。
焼き鳥屋、焼き肉屋、そして焼き豚屋。
駅前から南北にそれぞれ伸びる商店街。
古本屋、ラーメン屋、オシャレ雑貨屋。

中央線サブカル文化圏のグランドクロス。

今日のヴィレッジ・ヴァンガードからは相対性理論の歌が聴こえる。

南口から、永福町行きの京王バスが発車している。
この街は杉並の玄関口。
井の頭線沿線のブルジョワ生活圏の気配がしても可笑しくは無い。

商店街は、鉄道の高架によって切断されていない。
狡猾にその下を潜って、
駅の南北を接続することに成功している。

ガード下の大衆酒場の隣にも古本屋がある。

古書店DORAMAが、駅の北口の各所に蟠居している。
下北沢から流出した気体の、その成分の幾許かは、
あの商店街を通って中央線の高架下をすり抜け、
こちら側まで浸透しているのだろう。

この街は杉並の玄関口。
けれども北口から発車しているのは、
赤羽行きの国際興業バス
埼玉平野に繋がっている。

西武新宿線も、
西武池袋線も、
東武東上線も、
都営三田線も飛び越えて、
埼京線と東北本線と京浜東北線が待っているあの街にまで、
遥かに繋がっている。

ホテルメッツは無色透明。
サブカルの街の中立地帯。
どんな空気にも染まらずに、ただニュートラルに、駅とともにある。
他のどの駅のホテルメッツとも、全く同じようにある。

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。