スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東急プラザ銀座の八代目けいすけにて

2016/07/16(土) 01:28:59 [詩文・俳文]

 銀座線の改札口から地下通路を通って、東急プラザ銀座の地下フロアに直接入る。そのため、この新しい商業ビルの、特徴的な多角形の外観はまだ確認していない。
 今日の目的は、その地下フロアにあるラーメン屋「八代目けいすけ」だ。河豚で出汁を取るという塩ラーメン、公式では潮ラーメンと表記されている、話題の一杯を食べたい。
 地下フロアの角地に店を見つける。休日の正午前なので、行列などは特に出来ていない。食券制だ。目的のラーメンとビールを購入し、カウンター席に案内される。
 「けいすけ」の系列店は、どちらかというと学生街や大学キャンパスの付近で、良くみかけたような気がする。本郷の東大前でも、高田馬場でも食べた記憶がある。それぞれの店で、異なる個性を売りにしており、例えば、高田馬場の「けいすけ」は、海老そばというのが看板メニューだったように思う。通常のラーメン丼と比較して、やや縦長で背が高い瀟洒な外観の器で、海老で出汁を取ったというラーメンを食べたことを覚えている。
 しかし、ラーメン店の「けいすけ」の中で最も強い印象があるのは、神保町の「肉そばけいすけ」だ。


 
 日雇いの、屋外労働で生計を立てていた時代、短野さんという仕事仲間が居た。同じ手配師の下について、仕事を配分してもらうという意味においての、「仲間」であった。彼と二人で、一月の神保町の現場に入ったことがあった。ラーメンマニアの短野さんは、神保町と言えば何と言っても「肉そばけいすけ」だ、今日初めて行くのだと、早朝の集合時からはりきっていた。
 この仕事は、時間ごとに交代制なので、彼と私は、同時に休憩に入ることは出来ない。休憩時間に、勇んで「肉そばけいすけ」に向かう彼の後ろ姿を見送った。
 酷評していた。とにかく全てに、激しくダメ出しをしていた。その落胆ぶりは、重く深く、聴いている方も疲労を感じる、痛々しい性質のものであった。その批判は当日で収まらず、その後数年に渡って、彼と同じ現場に入るたびに同じ内容を繰り返し聞かされた。
 だから結局、神保町の「肉そばけいすけ」に私は行かなかった。その日も行かなかったし、今に至るまで行ったことがない。だから同店に関する判断材料を、私は持っていない。

 短野さんは、今、どこで何をしているのだろう。合コンで、ペットのトリマーの奥さんをゲットしたという短野さん。奥さんは店長職で高収入のため、いつも尻に敷かれていると愚痴っていた短野さん。
 かつては野球少年だったという短野さん。余りにも過酷な練習のために全身が筋肉痛となり、次の日の朝全く動けず、寝返りすら打てないまま布団の中で涙を流したという短野さん。スポーツ推薦で、神奈川の武相高校に進学し、甲子園を目指していたという短野さん。早稲田や慶應といった有名私大の付属高校も、ひたすら高校野球の強さだけで評価し、論評していた短野さん。一番大事な時にエラーをしてしまい、保護者会から猛攻撃を受けたという短野さん。
 休みの日は、義父の経営する会社の倉庫で働かされていた短野さん。手配師から日当をピンハネされ続け、一通のメールを残してある日突然仲間の前から姿を消した短野さん。その後、奥さんからも見放されて、家に入れて貰えず、仲間の所に一万円を借りに来た短野さん。酒が回ると、電線を盗んでクズ鉄屋に売って金を稼いだという武勇伝を、アウトロー気取りで得意気に語り始める短野さん。日雇い労働者の仲間内では、常に強い者にへつらい、弱い者をいびっていた短野さん。ペヤングソース焼きそばの容器のような長方形の輪郭に、天然パーマで黒縁眼鏡の短野さん。



 ふぐ潮ラーメンは、普通に旨い塩ラーメンであった。河豚の肉も、申し訳程度に入っていた。ただ、磯の香りは、いかにも後から取ってつけたような人工的な感触がした。
 一杯千円の価値があるかどうかは、判断を保留したい。
 春の銀座の街角に出て、東急プラザ銀座の、その話題のファサードを撮影する。良い天気だ。歩行者天国を少し歩いてみようと思う。
スポンサーサイト

土曜日の朝の神田錦町

2016/04/23(土) 21:12:43 [エッセイ]

 千代田区神田錦町は、神田の名を冠してはいるが、いわゆる神田にはそれほど近くは無い。JR神田駅と、半蔵門線新宿線神保町駅と、東西線竹橋駅の丁度中間に位置する、雑居ビルの領域だ。
 オフィス街のため、休日のこの街の朝は遅い。タリーズも小諸そばも九時にならないと開かないため、仕事前に朝食を食べる場所が無い。予報に反して雪になることがなかった小雨が、僅かに静かに降っているだけだ。
 千代田通りに面するオフィスビルの一階に、コンビニを見つける。セブンイレブン神田錦町店だ。とても広くて大きい。
 ただ、この店もやはり朝が遅い。パスタを食べようと思ったが、陳列作業の途中で、出勤時刻に間に合いそうもない。店員の人数も多くない。トレーから引き抜いてレジに持っていくのも気が引ける。
 適当に選んだカップの蕎麦にポットの湯を注ぐ。蛍光灯の白い光が照らす広いイートインの白いテーブルで、手早く朝食を済ます。
 清潔で、とても明るい場所。
 今日の仕事場はちよだプラットフォームスクウェア、千代田区立の貸会議場だ。銀色のチープカシオの素っ気ない時刻表示を確認する。

新書売りの男

2008/04/29(火) 06:54:06 [詩文・俳文]

神保町古書店街九段下側から順番に覗いていくと、
ある店で、古書店同士の交渉現場に遭遇した。
段ボール箱一杯に真新しい新書本を詰めた男が、
それらの本を買い取ってくれと店員に掛け合っている。
その店は新書本は扱っていないとのことで
結局商談は不首尾に終わり
男は段ボール箱をそのまま持って引き上げていった。

その男の後を追って、店を出た所で声をかけた。
箱の中身を見せてくれと持ちかけると
快く了解してくれる。
欲しいものが何かあれば、1冊100円で売ってくれると言うので
少しでも興味を魅かれたものはこの際と欲張って
7冊ばかり買ってしまった。
このような本との出会いがあるのは
やはりこの街ならではのことだ。

袋のようなものは何かないかと聞いたら、
何も無いと言う。
仕方がないので、
新書本7冊を強引に詰め込んでパンパンになった重い鞄をぶら下げて、
古書店街巡りを続けた。

こんな所に古本市

2007/10/20(土) 00:53:59 [短歌]

池袋西口公園おやこんな
所に古本市が立ってる



池袋という街、特に西口は、
ハコモノとしての芸術劇場が建っているだけの、
文化的となものとは基本的に無縁なエリア、
埼玉の植民地もしくは出先機関みたいな
田舎臭い場所だと思っていたので、
これは意外な風景だった。

神保町にも早稲田の古本街にも
最近は足を運ぶ機会がなかったので、
少しゆっくりと見て回った。
おりしも季節は読書の秋である。

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。