スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東急プラザ銀座の八代目けいすけにて

2016/07/16(土) 01:28:59 [詩文・俳文]

 銀座線の改札口から地下通路を通って、東急プラザ銀座の地下フロアに直接入る。そのため、この新しい商業ビルの、特徴的な多角形の外観はまだ確認していない。
 今日の目的は、その地下フロアにあるラーメン屋「八代目けいすけ」だ。河豚で出汁を取るという塩ラーメン、公式では潮ラーメンと表記されている、話題の一杯を食べたい。
 地下フロアの角地に店を見つける。休日の正午前なので、行列などは特に出来ていない。食券制だ。目的のラーメンとビールを購入し、カウンター席に案内される。
 「けいすけ」の系列店は、どちらかというと学生街や大学キャンパスの付近で、良くみかけたような気がする。本郷の東大前でも、高田馬場でも食べた記憶がある。それぞれの店で、異なる個性を売りにしており、例えば、高田馬場の「けいすけ」は、海老そばというのが看板メニューだったように思う。通常のラーメン丼と比較して、やや縦長で背が高い瀟洒な外観の器で、海老で出汁を取ったというラーメンを食べたことを覚えている。
 しかし、ラーメン店の「けいすけ」の中で最も強い印象があるのは、神保町の「肉そばけいすけ」だ。


 
 日雇いの、屋外労働で生計を立てていた時代、短野さんという仕事仲間が居た。同じ手配師の下について、仕事を配分してもらうという意味においての、「仲間」であった。彼と二人で、一月の神保町の現場に入ったことがあった。ラーメンマニアの短野さんは、神保町と言えば何と言っても「肉そばけいすけ」だ、今日初めて行くのだと、早朝の集合時からはりきっていた。
 この仕事は、時間ごとに交代制なので、彼と私は、同時に休憩に入ることは出来ない。休憩時間に、勇んで「肉そばけいすけ」に向かう彼の後ろ姿を見送った。
 酷評していた。とにかく全てに、激しくダメ出しをしていた。その落胆ぶりは、重く深く、聴いている方も疲労を感じる、痛々しい性質のものであった。その批判は当日で収まらず、その後数年に渡って、彼と同じ現場に入るたびに同じ内容を繰り返し聞かされた。
 だから結局、神保町の「肉そばけいすけ」に私は行かなかった。その日も行かなかったし、今に至るまで行ったことがない。だから同店に関する判断材料を、私は持っていない。

 短野さんは、今、どこで何をしているのだろう。合コンで、ペットのトリマーの奥さんをゲットしたという短野さん。奥さんは店長職で高収入のため、いつも尻に敷かれていると愚痴っていた短野さん。
 かつては野球少年だったという短野さん。余りにも過酷な練習のために全身が筋肉痛となり、次の日の朝全く動けず、寝返りすら打てないまま布団の中で涙を流したという短野さん。スポーツ推薦で、神奈川の武相高校に進学し、甲子園を目指していたという短野さん。早稲田や慶應といった有名私大の付属高校も、ひたすら高校野球の強さだけで評価し、論評していた短野さん。一番大事な時にエラーをしてしまい、保護者会から猛攻撃を受けたという短野さん。
 休みの日は、義父の経営する会社の倉庫で働かされていた短野さん。手配師から日当をピンハネされ続け、一通のメールを残してある日突然仲間の前から姿を消した短野さん。その後、奥さんからも見放されて、家に入れて貰えず、仲間の所に一万円を借りに来た短野さん。酒が回ると、電線を盗んでクズ鉄屋に売って金を稼いだという武勇伝を、アウトロー気取りで得意気に語り始める短野さん。日雇い労働者の仲間内では、常に強い者にへつらい、弱い者をいびっていた短野さん。ペヤングソース焼きそばの容器のような長方形の輪郭に、天然パーマで黒縁眼鏡の短野さん。



 ふぐ潮ラーメンは、普通に旨い塩ラーメンであった。河豚の肉も、申し訳程度に入っていた。ただ、磯の香りは、いかにも後から取ってつけたような人工的な感触がした。
 一杯千円の価値があるかどうかは、判断を保留したい。
 春の銀座の街角に出て、東急プラザ銀座の、その話題のファサードを撮影する。良い天気だ。歩行者天国を少し歩いてみようと思う。
スポンサーサイト

虎ノ門ヒルズ

2014/08/20(水) 13:32:00 [【13-14】※現在工事中です]

 銀座線虎ノ門駅構内の案内表示に従って、二番出口に向かって歩く。当然のことながら、すれ違うのはやはりワイシャツ姿のサラリーマンが多い。地上に出る。暑い。少し歩くと、虎ノ門ヒルズの鋭角な尖端が見えてくる。四角形ではないということ以外に、何の意味があるのだろう。建築家の幼稚な自己顕示欲を満たしたいためだけの形状ではないのか。軽薄な差異化の欲望だけが具現化した大型建築物にしか見えない。
 高層建築の下層階に少し変わった商業施設を設け、話題作りをして集客を行う都心再開発は、九〇年代後半からゼロ年代にかけて盛んに行われたと記憶している。誰もが知るそのモデルケースが、六本木ヒルズであり、丸ビルである。それらと比べると、この虎ノ門ヒルズの商業エリアは規模も小さく、地味な印象を受ける。この夏に公開されるドラえもんの新作映画の宣伝を、屋内の各所で行っている。予告編の映像も流されている。ドラえもんの体色を白くして黒い虎縞を描き、猫耳を付けた「トラのもん」なるキャラクターが、この虎ノ門ヒルズのマスコットキャラクターなのだそうだ。勿論、ゆるキャラなどではない。藤子プロ公認である。
 本物のドラえもんトラのもんの等身大人形が、二体仲良く並んでいる。これを見にきた。見た。特にどうということも無かった。



 この種の建築物に入っている飲食店は大抵割高だ。今回も例外ではない。その中で一番安そうな店を選び、大皿に主催や副菜が盛られたランチを食べる。やはり安くて飲みやすそうなトカイワインを一杯だけ頼む。 
 広いテーブルで食事をしていると、正面の席に座った二人組のOLの、年輩の方が社長の愚痴を言い始める。社長にはコミュニケーション能力が無いという。若い方の女は、でもそんな社長の相手が務まる先輩はスゴイですと応える。オフィス街の午後の、どこにでもある会話、どこにでもある風景。会話の端々にリチャードとかいう名前の、役員か幹部社員らしき人名が出てくる。外資系企業っぽい雰囲気がある。
 結局、このビルの中では、新しいものは何も見つからない。まあ別に、元々不動産屋に新しい文化を産み出す能力があるわけでもない。



 周囲を探索する。西新橋側には、結構個人住宅が残っている。
 新しく整備されたというその幹線道路を、溜池山王側に向かって歩く。途中で振り返ると、虎ノ門ヒルズの地下に吸い込まれる車道の姿が見える。今日この場所で見たものの中で、その構図だけが、新しいと言えば新しいと感じる。

浅草から映画館が消滅したという情報

2013/03/15(金) 15:17:28 [【12-13】オレンジをアップデート]

 つくばエクスプレス浅草駅は、従来の、地下鉄銀座線浅草線や東武伊勢崎線のいわゆる浅草駅とはかなり離れた場所にある。既存路線の浅草駅が隅田川沿い、雷門やデパートの松屋近辺に位置しているのに対し、つくば線の新しい浅草駅は浅草六区の西側、国際通りの近くに作られている。名称だけは同じだが、全く別の駅である。
 その浅草の繁華街から映画館が完全に消滅してしまったことは、ただのニュースの一つとして知った。しばらく経って、そのことを非常に残念がる人と同席した時に、映画館の消滅とつくばエクスプレスの開通とは関連があるのではと聞いてみた。特にそんなことは無いという返答が、墨東在住の映画マニアのその男性からは返ってきた。
 銀座線伊勢崎線にとっては浅草は始発駅であるが、つくばエクスプレスにとっての浅草はただの途中駅である。日本で最初に映画館が出来たかつての歓楽街の、まさにその真下を、この新興の郊外鉄道は足早に後にしてただ秋葉原へと急ぐ。途中で上野辺りに寄り道することも全く無い。
 私は浅草で映画を見たことがない。特に見ようとも思わなかった。大衆演劇ストリップもまた、見たことがない。(ストリップ自体そもそも見たことがない。)無くならないうちに、一度ぐらいは見ておいた方が良いものかどうか、考えたこともない。私にとっての浅草は何よりも、大正生まれの祖父に連れられて行った老舗の天麩羅屋「大黒屋」の街なのである。

渋谷ヒカリエ

2012/11/30(金) 16:49:52 [【11-12】夏と愛と]

 谷という文字が冠されている通り、渋谷の地形は渋谷川によって削られた谷である。渋谷川の真上、つまり渋谷の谷底には東急東横線とJRの渋谷駅が直立し、東西の上り坂に向かって多数の橋を張り巡らせている。池袋や新宿などの他の副都心には見られないあの歩道橋網こそが、渋谷の最も渋谷的な景観、渋谷という空間の地理的な特質を明示している。
 渋谷駅東口の新しい複合商業ビル、渋谷ヒカリエに向かうには、地上からだとずいぶん遠回りになる。工事中のバスターミナルが経路を阻んでいるからだ。地下鉄駅ならば、地下通路で繋がっているのだが、東急東横から渡されている連絡通路を歩くのが、やはり最も標準的な経路だろう。もちろん、この連絡通路も渋谷という谷に架けられた橋の一本であり、この街が峡谷であることの証佐の一つである。(付言すれば、駅の反対側において同じ役割をしているのが、マークシティへの連絡通路である。)
 ヒカリエビルは、渋谷という谷の東側の斜面に不安定に積み上げられた積木のように見える。東京の他の再開発高層ビルと同じように、低層階に商業施設やレジャーやアートの施設、上層がオフィススペースとなっている。丸ビルや新丸ビルのようないわゆる「位牌型」でないところだけが、新しい。
 現代の建築家、建築界にはもう生産的なアイデアが決定的に枯渇しているのではないか? このような、奇を衒ったキマイラ的なデザインに逃避するぐらいのことしか出来ないのではないかと思料する。そしてそんな奇妙なアイデアを、現実の建築物として具現化しうる技術力だけは、日本の大手ゼネコンは高い水準で持ち合わせている。それが幸福なことなのか不幸なことなのか、私にはわからない。
 駅側からこのビルの二階に入る。建物の中をそのまま進む。青山六本木側から出る時は一階になっている。
 このビルは、渋谷駅へ入線している地上高架を走る銀座線をほぼ真上から観覧出来る、絶好のトレインビュースポットとなっている。ほぼ全面ガラス張りなので、非常に視界が良い。それがこのビルの最大の存在価値である。夕暮れから夜にかけてしばらく眺めていたが、シルバーの車体にオレンジのラインの、いわゆる普通のメトロ車両ばかりで、最近導入されたという全身オレンジの新型車両を見かけることは残念ながらなかった。

渋谷の死臭

2012/04/02(月) 03:52:08 [【11-12】夏と愛と]

 渋谷駅の東口でストリートミュージシャンの女性が職務質問を受けている。演奏の中止を指示されたようだ。抵抗しようがない。周囲の応援者も為す所なくただ立ち竦んでいる。キーボード台の足元に立てかけられた、CDの売上枚数を誇示したステッカーも侘しく見えてくる。
 西口に行くと、こちらでも職務質問が進行中である。アコースティックギターを持った男性が、巨体の警官に説諭されている。
 女性ストリートミュージシャンと言えば楽器はキーボード、男性のそれはアコギという組合せは明らかに、アンジェラ・アキゆずの重力圏、すなわちゼロ年代カルチャーの影響が未だに残っていることを示しているのだろう。そのような、ストリートカルチャーの大衆化や陳腐化の問題とはまた別に、この街自体がそもそも新しい文化を拒否し、都市としての寛容と多様性とを失いつつあるように見える。
 私自身は、この街には特に思い入れがあるわけではない。むしろ軽蔑に近い感情を抱いてきた。ただ時の流れが、ここには確かにある。付言すれば、私が渋谷で路上活動をして売り上げた詩集は過去に一冊のみ、場所は駅東側の銀座線高架下である。やはり売上の直後に職務質問を受け、撤収を余儀なくされた。



冬の夜の月の欠片を渋谷署の警察官が片付けに来る



この街の死臭を確認したならば、ただ速やかに立ち去るだけだ

Echika表参道

2008/09/24(水) 07:21:25 [【07-08】雑司ヶ谷下水道水難事件]

東京メトロ千代田線と、
半蔵門線銀座線が交差する表参道駅の構内には、
地下鉄駅ながら多数の商業施設が軒を連ね
Echika表参道と称している。
喫茶店やパン屋やコンビニのみならず、
化粧品店やジュエリーショップや
アクセサリーショップまで揃っているのは、
やはり土地柄を反映したものであろう。
飲食店は全体的に価格設定が高目で、
パスタ屋やカレー屋やスープストックなどの、
店名がカタカナの華やかでお洒落な店が多い。

その飲食スペースはどこも広々としていて
内装にも浮華を誇っているけれど、
これだけたくさんの店があるにもかかわらず、
駅ナカの王者である立ち食い蕎麦屋の姿が無い所などは、
やはり鉄道駅としては格下にして二流と言うべきであろう。
摯実に欠ける。

この八月に開店したというスリ★スリカレーカフェの店内には、
世界中のスパイスの鮮やかな写真を豊富に配した
豪奢な図鑑が何冊も置かれ、客の閲覧に供されている。

エチカ表参道看板
表参道駅01

Orangesubway

2008/06/26(木) 23:13:07 [【07-08】雑司ヶ谷下水道水難事件]

東洋地下鉄始祖銀座線
変わる事無き意志オレンジ



We
all
love that
orangesubway
orangesubway
orangesubway
(×2)

地宙船

2008/06/25(水) 23:39:37 [【07-08】雑司ヶ谷下水道水難事件]

副都心線の新しい渋谷駅は、
かなりゆったりとスペースを取った島型ホームを擁しており、
その中央を観賞用のレールが通っている。
池袋側のホームの端には、
地下鉄駅には珍しく車両の出入を一望出来る
広々とした展望スペースが設けられ、
地下空間でありながら開放感を感じさせる。

ゆるくカーブした楕円形吹き抜けを下から眺めてみる。
改札や連絡通路がある上の階から人が見下ろしている。

地宙船と称する安藤忠雄設計のこの駅は、
踊り場や改札階も空間に余裕を持った構造となっている。
美術的な表現上の信念と、
そしておそらく大量の利用客を円滑に通行させるという
機能上の要請の両方のためであろう。
また屋根の形状からベンチの縁に至るまで、
楕円形があちこちで目撃される。

ゆるくカーブした楕円形吹き抜けを上からも眺めてみる。
ホームのある最下層から人が見上げている。

自然風を換気に活用するために、
このような吹き抜けを作ったのだという。
地上から光と風を取り込む天窓もあけられ、
その傍らの壁には植物が這わせてある。
派手な色彩を用いるわけでも、
奇怪な形状の、
さして必然性もないオブジェを多用するわけでもないが、
よく見ると全体的に創意に溢れている。

百段の階段をひたすら上がって
やっと地上に辿り着く。
副都心線の開通に合わせて、
東急文化会館も新しく建て直しを行っており、
白壁に囲まれた工事現場から金属音が聞こえて来る。
渋谷の地下の最深部を走る、
東京で最も新しい地下鉄である副都心線
遙か上空の高架上を、
東京で最も古い地下鉄である銀座線
昭和の時代からほとんど何も変わらない悠然たる様子で
浅草に向って発車する。

地宙船01
地宙船ホーム北端よりの眺望
地宙船03
地宙船ホームより上空を見上げる

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。