スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

染められる秋

2014/10/22(水) 00:17:35 [【13-14】※現在工事中です]

台風が染めた訳でもないけれど全てが余りにも秋の色
スポンサーサイト

ハイビスカスの殉死

2014/10/15(水) 23:50:03 [【13-14】※現在工事中です]

悉くハイビスカスの花々は夏に殉じて身を投げていく



墜死したハイビスカスの花々は開かなかったパラシュートに似る

秋風の粒子

2014/10/14(火) 11:34:13 [【13-14】※現在工事中です]

秋風に含まれているカナブンや蝉の死骸の粒子は見えない



そもそもが風そのものを見ていない。
僕もあなたもクリスティーナも。

iより愛

2014/09/30(火) 22:09:41 [【13-14】※現在工事中です]

新しい
iPhoneよりも
新しい
愛を求めるべき
秋の人

英数字という言葉が

2014/09/29(月) 23:39:51 [【13-14】※現在工事中です]

 英数字という言葉が好きではない。
 英数字とは、英語圏において表記文字として用いられるアルファベット及び、アラビア数字を包括する概念だ。アラビア数字とは、要するに現在社会において日常使われている0から9のことだ。
 英数字という呼称は、アラビア数字が、恰も英語圏に起源を持つかのように誤解させる可能性がある。少なくとも、誤解を招く可能性がある。
 英数字は、「イギリス数字」のことではないと、正当に周知する必要があるだろう。
 アラビア数字の起源はインドである。

ナイフのような孤独

2014/09/23(火) 00:42:15 [【13-14】※現在工事中です]

背後から満月を刺殺できそうなナイフのような私の孤独

蛇落地悪谷

2014/09/21(日) 13:51:26 [【13-14】※現在工事中です]

土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂
砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土
                  土砂土
                  砂土砂
                  岩土岩
                  土岩土
                  土■土
     生           ■土■
                  土死土      生
                  岩■岩
           生     ■死岩
                  岩土砂           生
                  死■岩
                   

橋の記憶

2014/09/10(水) 13:30:49 [【13-14】※現在工事中です]

 人の少ない平日の午後のフードコートで昼寝をしていたが、空のテーブルを三卓隔てた座席から突然にビッグブリッヂの死闘が流れてきたので目が覚めた。二人組の高校生が見ているスマホから放たれているようだ。新学期に入ってまだ日も経っておらず、学校も午前中しかないため、こんな時間からこんな場所で暇潰しをしていることは推測できたが、何故この曲なのか? FFⅤのリメイクがスマートフォンで出ているとは、聞いたことがないぞ。
 どこかの動画サイトから拾ってきた画像でも見ているのかと思ったが、彼らの会話を聞くとそうではなかった。何かの管楽器で演奏されているその曲に対して、ここはまだタンギングが甘いなどと親しげに論評を加えている。スマホの動画上の奏者は、どうやら彼らの個人的な友人のようだ。おそらくは、彼らも演奏者も、同じ学校の吹奏学部あたりに所属しているのであろう。
 それにしても、私のような素人からすると、充分に立派な演奏のようにも思えるが。
 襲いかかる空飛ぶ猫や古代の戦車を退けつつ、私がその橋を渡ったのは、ちょうど彼らぐらいの年齢の時だった。オレンジ色の戦衣を身にまとい薙刀を携えたあの饒舌な大男と、その長い橋の中央において、高校生の僕達は闘ったのであった。その時代において、まだこの世界に存在すらしていない少年達が、ごく自然にこの曲を演奏し、話題にしている。歳月を経て、この曲もある種の「古典」として扱われるようになったということだろう。秋はまだ始まったばかりだ。自分がかつて生きていた時代が、歴史の一部になっている風景を目撃して、少しだけ感慨に沈んだ。

終わるべきではない

2014/09/03(水) 23:15:48 [【13-14】※現在工事中です]

夏、終わるべきではない。
まだ時を待つハイビスカスの蕾が在るなら

カナブンと缶バッジ

2014/09/02(火) 22:14:04 [【13-14】※現在工事中です]

 この夏の地域新興イベントの景品として、職場の窓口で缶バッジを配布している。
 ある朝出勤すると、透明のアクリルの直方体の容器に積まれた缶バッジの中を、一匹のカナブンが遊泳している。
 友達がたくさん居ると思い込んで飛び込んで来たのだろうか?
 金属としては強靭ではない材質によって大量生産された缶バッジの表面と、飛翔翼と装甲とを兼ねた緑色の甲虫の背面とが、八月も半ばを過ぎた夏の光をそれぞれに反射して、それぞれに輝いている。



一本の針持つ無機物
一本も角持たぬ虫の
共通言語

#(ハッシュタグ)三ツ矢サイダー短歌

2014/08/29(金) 22:00:14 [【13-14】※現在工事中です]

八月の罅割れた胸に垂直に三ツ矢サイダーただ流し込む



何もかも消え去れば良い。
サイダーの泡が潰えていくのが愉しい。

あなたが空を見ている時に

2014/08/26(火) 21:45:49 [【13-14】※現在工事中です]

あなたが空を見ている時に、
空もまたあなたを見ている。

あなたが何も見ていない時に、
誰もまたあなたを見ていない。

夏に祷れず

2014/08/25(月) 13:35:24 [【13-14】※現在工事中です]

黙祷を捧ぐ間もなく受話器取り督促業務で午後が始まる

動く雲と動かない雲

2014/08/21(木) 09:08:30 [【13-14】※現在工事中です]

 中部地方から北陸へ駆け抜けた台風の影響で、関東平野にも強風が吹いている。
 空の低い所にある雲が、北へ向かって高速で流されていく。
 その上空には、動かない雲がある。

虎ノ門ヒルズ

2014/08/20(水) 13:32:00 [【13-14】※現在工事中です]

 銀座線虎ノ門駅構内の案内表示に従って、二番出口に向かって歩く。当然のことながら、すれ違うのはやはりワイシャツ姿のサラリーマンが多い。地上に出る。暑い。少し歩くと、虎ノ門ヒルズの鋭角な尖端が見えてくる。四角形ではないということ以外に、何の意味があるのだろう。建築家の幼稚な自己顕示欲を満たしたいためだけの形状ではないのか。軽薄な差異化の欲望だけが具現化した大型建築物にしか見えない。
 高層建築の下層階に少し変わった商業施設を設け、話題作りをして集客を行う都心再開発は、九〇年代後半からゼロ年代にかけて盛んに行われたと記憶している。誰もが知るそのモデルケースが、六本木ヒルズであり、丸ビルである。それらと比べると、この虎ノ門ヒルズの商業エリアは規模も小さく、地味な印象を受ける。この夏に公開されるドラえもんの新作映画の宣伝を、屋内の各所で行っている。予告編の映像も流されている。ドラえもんの体色を白くして黒い虎縞を描き、猫耳を付けた「トラのもん」なるキャラクターが、この虎ノ門ヒルズのマスコットキャラクターなのだそうだ。勿論、ゆるキャラなどではない。藤子プロ公認である。
 本物のドラえもんトラのもんの等身大人形が、二体仲良く並んでいる。これを見にきた。見た。特にどうということも無かった。



 この種の建築物に入っている飲食店は大抵割高だ。今回も例外ではない。その中で一番安そうな店を選び、大皿に主催や副菜が盛られたランチを食べる。やはり安くて飲みやすそうなトカイワインを一杯だけ頼む。 
 広いテーブルで食事をしていると、正面の席に座った二人組のOLの、年輩の方が社長の愚痴を言い始める。社長にはコミュニケーション能力が無いという。若い方の女は、でもそんな社長の相手が務まる先輩はスゴイですと応える。オフィス街の午後の、どこにでもある会話、どこにでもある風景。会話の端々にリチャードとかいう名前の、役員か幹部社員らしき人名が出てくる。外資系企業っぽい雰囲気がある。
 結局、このビルの中では、新しいものは何も見つからない。まあ別に、元々不動産屋に新しい文化を産み出す能力があるわけでもない。



 周囲を探索する。西新橋側には、結構個人住宅が残っている。
 新しく整備されたというその幹線道路を、溜池山王側に向かって歩く。途中で振り返ると、虎ノ門ヒルズの地下に吸い込まれる車道の姿が見える。今日この場所で見たものの中で、その構図だけが、新しいと言えば新しいと感じる。

ハイビスカスと何かと

2014/08/13(水) 09:02:06 [【13-14】※現在工事中です]

 (スタジオジブリの隣にある花屋から、同僚がハイビスカスの鉢を買ってきた。一鉢六百円で安かったのだと言う。南九州出身の彼にとっては子供の頃から身近な花で、見ていると落ち着くのだと言う。色は赤が良いのだそうだ。)



武蔵野の夏の西日に焦がされてハイビスカスは対峙している

スタンプラリーは夏の季語で良い

2014/08/13(水) 08:55:55 [【13-14】※現在工事中です]

その朝をスタンプラリーの台帳で煽いで子等の夏は始まる

超月に一人

2014/08/12(火) 13:01:07 [【13-14】※現在工事中です]

この「月が綺麗ですね」と婉曲に告げたい相手も居ない超月

新宿駅南口における焼身自殺未遂

2014/08/12(火) 12:52:30 [【13-14】※現在工事中です]

 都心において騒擾や事件が起きる街としては、まずは渋谷秋葉原であろうとイメージしていた。次いで、チャイナ人が集住する池袋だろうと、想像していた。だから新宿南口の、甲州街道を跨ぐ歩道橋の上で、男性が焼身自殺を図ったニュースは意外であり、少し驚いた。
 昭和の時代、学生運動や左翼運動の全盛期においては、新宿の街はその主要な舞台の一つであったという。私が生まれる以前の話であり、知識として知っているだけだ。私が知る新宿は、既に単純な巨大商業施設の街であった。百貨店と家電量販店と大型書店とがそのビジネスを展開する、無属性で平和な巨大ターミナル駅であった。
 渋谷秋葉原は、そうではない。これらの街には、平成期以降、良くも悪くも文化的な意味性、記号性、イメージが付与され、またそれ故に世間の耳目を集めるような事件が起きることとなる。渋谷は近年衰退気味のようにも思えるが、それでもワールドカップの際に若者が集まって公共交通を遅滞させる程度のエネルギーは未だ保持している。秋葉原は、例の加藤の乱以降も発信力と影響力を拡大し続け、政治家達も無視出来ない街となっている。
 新宿南口における焼身自殺未遂騒動は、騒乱の街としての新宿の「復権」に繋がるだろうか? 政治的・文化的・思想的なムーブメントの発信源としての地位を、新宿が再び獲得することが、あるのだろうか? 
 事件現場の、その歩道橋を渡ってみる。痕跡のようなものは、特に何も発見できない。本当にここが現場かと思って、橋の南側の、真夏の真昼のペデストリアンデッキに直立していた茶色い制服の警備員に尋ねてみると、確かにそうだと教えてくれる。事件直後に東京西部を襲った、あの猛烈なゲリラ豪雨が、全てを洗い流してしまったのかも知れない。ただ暑いだけだ。自殺未遂者の六十代の男性のその後については、何も聞かない。

六月の結婚願望

2014/08/01(金) 23:13:02 [【13-14】※現在工事中です]

六月の島全体が大雨の夜に強まる結婚願望

青水無月を振り切る

2014/07/31(木) 20:49:53 [【13-14】※現在工事中です]

武蔵野市小金井市境を自転車で走る)



この道を青水無月の白昼の樹樹の臭気を振り切る速度で

青水無月が腐る

2014/07/31(木) 20:45:41 [【13-14】※現在工事中です]

 大分以前に、一茶の句で「青水無月」という季語の存在を知って以来、この語を用いた句を創ってみたいと思っていた。毎年六月には挑戦してみるのだが、毎年失敗してきた。今年も六月になったので、何かヒントが見つからないかと、とりあえずグーグルでこの言葉を検索してみた。
 検索結果の先頭に出たのは、いわゆる腐女子が読むBL小説。つまり女性のオタクの嗜好に合わせて書かれた、男同士の、肉体関係を伴う恋愛小説である。その表紙のイラストを見て、今年も駄目だなと諦めた。

蒲公英は二度飛ぶ

2014/07/29(火) 13:12:03 [【13-14】※現在工事中です]

 蒲公英の綿毛の機能の最大の構成要素は、勿論その飛翔能力にある。風力を利用して個々の種子を広汎に撒布し、次世代の生育可能性を高め、生存圏(レーベンスラウム)を拡張することにある。
 だが、それだけではないのではないかと、春の武蔵野の、高架下の駐輪場において、ふと考えた。
 高架下の駐輪場のアスファルトは、固く乾いている。風によって吹き寄せられた蒲公英の種が落下しても、その場に定着しない。弱風によってしばらくの間は転がっていたかと思うと、強風によって機会を得て再び離陸する。
 だから蒲公英の綿は、地表の湿度や硬度を探って選別するセンサーの役割も担っているのではないかと推察する。落下した場所が、柔らかく湿った地面ならば、その綿は水気を吸収して重く湿り、再度の離陸は不可能になるだろう。しかしそういう場所ならば、植物の生育には適しているだろう。反対に、固く乾いて植物の生育に適さない土地ならば、綿は飛翔能力を保持し続け、再度のフライトに備えるだろう。
 蒲公英は二度飛ぶ。
 風ある限り。
 だから誰にとっても、最初に着地した場所が、最も適した場所であるとは限らない。今生きてある生物であるならば、任意に移動することが許されているし、また事実移動することによって、その生の可能性を高めるのである。



蒲公英の綿何時までも何処までも飛んでいられるほどの風の日



蒲公英の綿
大地より
大空を選びうる
この風ある限り

インコ語がわかる本

2014/07/27(日) 20:43:10 [【13-14】※現在工事中です]

 猫語がわかる本は、野良猫のスラングにもそれなりに紙幅を割いているかも知れないが、インコ語がわかる本は、野良インコのスラングには紙幅を割いていないだろう。
 野良インコの言葉は、そもそも日本語なのか?

呟く男

2014/07/27(日) 20:38:55 [【13-14】※現在工事中です]

夕日に向かって呟く男の、影が、長く、伸びる。
ツイッターに向かって呟く男の、影も、長く、伸びる。

飛行船の本気(青山にて)

2014/07/26(土) 22:26:49 [【13-14】※現在工事中です]

本気を出した時の飛行船は結構早いし、
うるさい。
少なくとも、癒し系などでは全くない。

特に期待しない

2014/07/26(土) 22:25:09 [【13-14】※現在工事中です]

政治家に何も期待しないのと同程度には、
音楽家にも特に期待しない。

大手町サンケイビルのオブジェ

2014/07/26(土) 22:21:44 [【13-14】※現在工事中です]

この窓に春風としてのビル風の冷たさに揺れる午前が映る



この街のビル風としての春風に吹かれる。
オブジェは空を指示する。

桜東風

2014/07/25(金) 22:42:53 [【13-14】※現在工事中です]

桜東風喉が渇いてしょうがない



桜東風大きく息を吸い込んだ

クリミアの雲

2014/07/25(金) 22:40:33 [【13-14】※現在工事中です]

ユーラシア大陸の如き三月の雲崩れゆくクリミアの緯度

| HOME | Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。