大宮の飛行船

2007/10/30(火) 23:48:57 [短歌]


秋晴れの空埼京線より見上げれば
大宮の街に浮かぶ飛行船



優雅な光景だと思って眺めていたら、
その埼京線はいきなり地下に潜ってしまった。
これだから、埼玉はダ埼玉なんだ。
スポンサーサイト

BIGBOXリニューアル

2007/10/29(月) 01:45:12 [短歌]


高田馬場ビッグボックスリニューアル
壁をブルーに塗りなおしただけ



というか、どう考えても改悪にしか思えない。
2階の三省堂書店はユニクロになり、
同じく2階のベーカリーはエクセルシオールカフェに
なってしまった。
早大の125周年にタイミングを合わせたらしいけれど、
落ち目の西武グループがやることなんて、
まあせいぜいこの程度のことか。

ちなみに聞く所によると、ビッグボックスというのは、
女性器を表す下品な隠語らしい。
それを知らずにこんな名前をつけた無知と下品さが、
いかにも早稲田らしい。

白昼の赤坂

2007/10/28(日) 01:25:10 [【07-08】雑司ヶ谷下水道水難事件]

日枝神社
千本鳥居を駆け上がり
清めの水で
薬飲み込む



外人の親子
ラグビーボール蹴る
赤坂パークビルディングの庭



捏造がお得意技のTBS
嘘を作って新ビル建てる



赤坂の街は、同じ繁華街の六本木と比較すると
遙かに上品で趣きがあるように思える。
木造建築が残っている裏の辺りは殊更にそうだ。
街としての奥行きを感じさせる。
これで捏造テレビ局のTBSさえなければ、
もっと良い街になるのに。

キリンラガービール

2007/10/27(土) 01:46:03 [【07-08】雑司ヶ谷下水道水難事件]

「時代は変わる
ラガーは変わるな」
キリンラガービールのCMである。

「時代は変わる
ラガーは変わるな」
少し前までは、YMOの三人がこのCMに出ていた。

「時代は変わる
ラガーは変わるな」
今は松任谷由美がこのCMに出ている。

「時代は変わる
ラガーは変わるな」
それにしても、ユーミンの顔は変化し過ぎではないか?
度重なる美容整形によってwww

交通博物館その後

2007/10/26(金) 02:05:35 [【07-08】雑司ヶ谷下水道水難事件]

埼玉県の大宮に新しく鉄道博物館が出来て、
神田交通博物館は閉鎖されることになった。
とはいっても、現時点では建物はそのまま残っている。

その交通博物館に入って行く初老の男性を見かけたので
呼び止めて聞いてみると、もうここには何もないと答える。
おそらく残務処理とかをしているのだろう。
この建物は、将来何になるのかと尋ねても、
良く分からないとのことだった。

今はもう何もない、かつて博物館だったその建物に、
二つ三つだけ、明かりが灯っている部屋があった。

幼い頃祖父に連れられて行った思い出の場所である。

中吊り広告

2007/10/25(木) 00:20:09 [【07-08】雑司ヶ谷下水道水難事件]

電脳コイル』は
NHK教育テレビで土曜日の六時半から放送されているアニメ。
五月から放送が始まったが、
高校野球のために
八月のほぼひと月は放映休止に追い込まれたため
最終回はおそらく十二月初旬にずれこむと予測されている。



地下鉄の
中吊り広告ふと見れば
電脳コイル』の宣伝ポスター



不思議な風景である。

変則的な期間で放映され、
視聴率も一般の知名度も低く、
DVDの売り上げもあまり芳しくないらしい。
最後のテコ入れでこのような宣伝を打っているのであろうか。
男性週刊誌や女性ファッション誌の広告に交じって、
アニメのキャラクターのイラストが突然視界に入ってくるのは、
確かにかなりのインパクトというか、
異化効果がある。



ゴシップの見出しの隣のアニメキャラ
これもある種の強化現実

謙虚な白人女性

2007/10/24(水) 01:54:42 [詩文・俳文]


とある食堂の店頭でメニューを眺めていると、
眼鏡をかけた端正な顔立ちの
白人女性から話しかけられる。
カキフライ定食を指さして
「すいません。これって、肉ですか?」と
礼儀正しい口調で尋ねられたので
「いや、違いますよ。これは牡蠣です。オイスター。」
と普通に教えてあげる。
その女性は「ありがとうございました。」と
最後も日本語で礼を述べる。

こういう外人なら良い。
こういう外人なら良いんだよ。
こういう外人なら、受け入れようと言う気になる。

こういう白人女性なら、中の良い友人になれそうだ。
こういう白人女性なら、嫁にもらってやっても良い。
いやむしろ、積極的に嫁に貰いたいぐらいだ。

カエルの捕食者

2007/10/22(月) 23:57:56 [短歌]

音たてて樹上のカラスの啄ばむは
まごうことなきカエルの亡骸



気楽に生を謳歌しているように見える都市のカエルにも
やはり捕食者、敵が居たのである。

神田ニコライ堂

2007/10/22(月) 03:40:47 [詩文・俳文]

本郷通りから覗く神田ニコライ堂の屋根を
歩道でのんびりとスケッチしている
年配の女性が二人居る。
秋の陽だまりの中でにこやかに談笑している。

そう言えば、私はまだニコライ堂に行ったことがないな。

本郷三丁目駅前工事中

2007/10/21(日) 00:58:43 [詩文・俳文]


本郷三丁目の駅前、
ナチュラルローソンに隣接している辺りで
少し以前から何事かの工事をしている。
何が出来るにしても、
これからの私には
何の関係もないのだが。

こんな所に古本市

2007/10/20(土) 00:53:59 [短歌]

池袋西口公園おやこんな
所に古本市が立ってる



池袋という街、特に西口は、
ハコモノとしての芸術劇場が建っているだけの、
文化的となものとは基本的に無縁なエリア、
埼玉の植民地もしくは出先機関みたいな
田舎臭い場所だと思っていたので、
これは意外な風景だった。

神保町にも早稲田の古本街にも
最近は足を運ぶ機会がなかったので、
少しゆっくりと見て回った。
おりしも季節は読書の秋である。

鰯雲

2007/10/19(金) 02:00:08 [短歌]


鰯雲非常階段より見上げ
我が憂鬱の僅かに和らぐ

2007/10/18(木) 00:47:54 [詩文・俳文]

病気になった蟻が巣から追い出される
追い出された蟻はほどなくして健康を取り戻す
病気の原因は巣の中にあるのだから

死してなお

2007/10/17(水) 01:03:25 [俳句]


路傍にてアオスジアゲハの死骸見る
水色の鮮やかさなお保たれり

後3時間

2007/10/15(月) 01:21:26 [短歌]


神様に後3時間の睡眠を
祈りつつ今日も中途覚醒

表参道の披露宴達

2007/10/14(日) 01:47:29 [【07-08】雑司ヶ谷下水道水難事件]

秋の休日、表参道の夕暮れ、
このエリアに点在する小奇麗なレストランの店頭では、
夜の灯りが点灯するのと同時に、
結婚式の二次会や披露宴のために
貸切の札が掲げられる風景が少なからず見られる。
開店までの少しの待ち時間にも
盛装した人々が路上で互いに知人を見つけては談笑する。
緩やかな時が流れる。



三連休中日の表参道
披露宴咲くそれぞれの夜



秋の夜の表参道
柔らかきセピア色の時ただ流れゆく



学生時代の友人同士が結婚した。
私は愛校心が全く欠如し、
むしろある種の「憎校心」すら持っている人間だが、
人の集まりに顔を出して昔の知人と久闊を叙せば、
嫌いな人間も含めてそれなりに懐かしく楽しい。

(貫禄のついた人間もいれば、
×一になった人もいて、
何より禿が進展して往年の面影を
全く残していない男も居たが、
私は多くの人から、「全く変わっていない」と言われた。
この歳になってそう言ってくれるのだから、
とりあえず素直に喜んでおきたい。)

ホームドア

2007/10/13(土) 00:10:39 [詩文・俳文]

この1年間の間に
丸ノ内線ではホームドアの設置が進んだ。
ホームドアとは転落事故防止のために
ホームの縁に設けられた柵で、
電車が到着すると、
そのドアの開閉に合わせて
柵の方も開閉する仕組みになっている。

転落事故防止とはいうが、
その実は人身事故防止、
つまりは鉄道自殺を防ぐための装置ではないかと
私は邪推している。

自殺しようと決断した人間を、
あんな容易に乗り越えられるような高さの柵で
止めることができるのだろうか。
本当に自殺する気になったら
あの程度の高さの障害物など、
何の防止策にもならないのではないか。

それでも、発作的、刹那的な自殺は
食い止めることができるのかもしれない。
人は、いつ自殺を決断するかわからない。
列車がホームに滑り込んできたその瞬間に、
それまで思ってもいなかった自殺という行動が
急に脳裏に浮かんで、
衝動的に飛び込んでしまうものなのかもしれない。
そういう種類の自殺なら、
あるいはこのホームドアで防げるのかもしれない。

いずれにしても、自殺者の内面は、
就中鉄道自殺という凄惨な方法を選択した人間の内面は
わからない。

トルストイ「アンナ・カレーニナ」では
どのように描写されていたかだろうか。
探してみようと思ったが
部屋のどの本棚のどこにあるかわからないので
今日はやめた。

舐めたらあかん

2007/10/09(火) 23:20:20 [詩文・俳文]


新宿歌舞伎町のコマ劇場を
ぐるりと取り巻く行列を見たので、
いったい何の行列なのか
最後尾の人の聞いてみたら、
天童よしみのコンサートの行列とのことだった。

演歌歌手の天童よしみは知っていたが、
これほどまでの人気歌手だとは知らなかった。
舐めたらあかん。
舐めたらあかん。

ブックオフ原宿店消滅

2007/10/09(火) 00:43:13 [短歌]

ブックオフ原宿店が潰れてて
竹下通りを無駄に去来す



9月末日をもって閉店したらしい。
これで原宿の東側に足を運ぶ理由がなくなった。
それにしても、竹下通りには
どうしてこんなに黒人の
馴れ馴れしい客引きが多いのだろう。

クッキー5枚

2007/10/08(月) 01:46:12 [短歌]

朝食に
クッキー5枚嚥下する
とにかかくにも薬を飲むため

九蓮宝燈

2007/10/07(日) 00:35:23 [【06-07】SuicaのCM]

あっけなく九蓮宝燈和了して
何者かが、
今、
我にとり憑く

一度くらいはメガンテを

2007/10/06(土) 00:00:14 [短歌]


人生で、
一度くらいはメガンテを
使ってみてもいいと思うか



注:「メガンテ」はドラゴンクエストシリーズの
自爆魔法。
自死と引き換えにその戦闘における全ての敵を倒す。
『ドラゴンクエストⅡ』の
サマルトリアの王子が使用したのを嚆矢とする。

池袋西口のとある空間

2007/10/05(金) 00:13:36 [【06-07】SuicaのCM]

池袋西口の、
メトロポリタンビルのすぐ隣にある有楽町線の出口の上に、
小さな駅ビルみたいなものを東京地下鉄は作りたいらしく、
現在工事がなされている。
工事中のビルからは
やたらに大きな面積を持つ庇が歩道まで伸びていて、
その下の空間ではかなりの雨風もしのぐことができる。

この空間では、いつもストリートミュージシャン
路上ライブを行っている。
ミュージシャンは、男性、女性、外人と様々だが
その顔ぶれを良く見ると、
曜日毎に割り当てが決まっているような感じもする。
ただ、屋根の隅で寝っ転がっている
年老いたホームレスの姿はいつも変わらない。

この、おそらくはかりそめの
一時的なスペースが、いつまで存続するのかは
良くわからないけれど、
私も路上で詩集を売るとしたら、
こういう空間がいいなと何となく思う。

御仏がお赦しになります

2007/10/04(木) 01:54:34 [【06-07】SuicaのCM]

休日の秋の銀座の交差点で、
まだ若い托鉢僧が立っている。
元は航空自衛官であったが、
ある事情があって僧籍に入り、
今は真言宗の僧侶として
このように路上で托鉢を行う日々だという。
そういう現在の自分の生活に、
とても充実感を感じているという。

私も、実は会社を辞めようかと思っていると
彼に向ってこぼすと
「それはいけません。早まってはいけません。
会社にはしがみついて、
寄生虫のように全てを吸い尽くして生きて下さい。」
と答えてくれる。
続けて
「それは、御仏のお赦しになることです」と
きっぱりと断言してくれた。

謙虚な物腰と綺麗な喋り方と澄んだ瞳が印象的な青年だった。



真言の托鉢僧に癒されて
秋の銀座歩行者天国

秋はスケッチブック

2007/10/03(水) 01:01:58 [【06-07】SuicaのCM]

十月になり、絵筆を取る人の姿が俄かに多くなる。



詩人にも通行人にも
十月はスケッチブックが季語となる秋



枯葉踏み詩人が通る
十月の通行人が詩を想う路

消費社会の神

2007/10/01(月) 23:23:58 [【06-07】SuicaのCM]

自らが消費社会だから
あらゆるブランド疎ましく思う

消えたヴェルニエール

2007/10/01(月) 01:09:18 [【06-07】SuicaのCM]

新宿歌舞伎町の奥まった所にある
リカーショップ信濃屋」には、
酒だけではなく
様々な珍しい食料品も置いてあるのだが、
かつてミネラルウォーターの棚には
フランス産の発泡性ミネラルウォーター
二種類並んでいた。
一つは「サンブノワ
もう一つは「ヴェルニエール」である。

いずれも500ccで百円と、
コンビニのミネラルウォーターより
安いぐらいの値段だったので愛飲していたが、
ある時忽然と「ヴェルニエール」だけが無くなっていた。
店員に聞いても、今後入荷する予定はないという……



信濃屋」のミネラルウォーターの棚から
ヴェルニエール」の姿消す




残された、もう一方の「サンブノワ
飽きた気がして
残暑も消えて

| HOME |