スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巻第十六 三八四九 三八五〇

2010/06/30(水) 06:03:00 [万葉集の勉強]

世間の無常を厭う歌二首

生き死にの二つの海を厭はしみ潮干の山を偲ひつるかも

世間の繁き仮蘆に住み住みて至らむ国のたづき知らずも

右の歌二首は、河原寺の仏堂の裏に、倭琴の面に在り。

スポンサーサイト

ブックカバー

2010/06/29(火) 01:48:48 [【09-10】ちぃばす麻布ルート]

 本屋でかけてもらうブックカバーを余り好まない。ブックデザイナーの苦心と表現意欲によって創作された装丁を、広告入りの無機質な紙類で一律に覆い隠してしまうのは惜しいと感じるからだ。しかし一方、本屋でブックカバーをかけてもらうのは好きだ。ただの一枚の紙に、的確に折目を入れてその本のサイズに合ったカバーを仕立てる書店員の、あの迅速で無駄の無い一連の動作に美しさを感じるからだ。

 この程度の、ささやかに屈折した無害なフェティシズムも、電子書籍の時代には次第にその場所を失ってしまうのだろうか。職場の主婦がいじっているiPadは実際とても面白そうなアイテムだ。

巻十六 三八三八 三八三九

2010/06/28(月) 23:27:47 [万葉集の勉強]

無心所著の歌二首

我妹子が額に生ふる双六の特負の牛の鞍の上の瘡

我が背子がとふさきにするつぶれ石の吉野の山に氷魚ぞさがれる

右の歌は、舎人の親王、侍座におおせて曰く「もし由る所なき歌を作る人あらば、賜うに銭帛をもちてせむ」といふ。時に、大舎人、安倍の朝臣子祖父、すなわちこの歌を作りてたてまつる。すなはち、募れる物銭、二千文をもちて賜う。



無心所著:個々の言葉の意味(心)がつきあわず、内容の伴わない歌。
特負(ことい):力の強い雄牛。

ストライクバック

2010/06/27(日) 05:35:48 [短歌]

宗教の勧誘の人にマイ詩集売りつける夕べ
逆襲の街

巻十六 三八三五

2010/06/27(日) 00:07:20 [万葉集の勉強]

佞人をそしる歌一首

奈良山の児手柏の両面にかにもかくにも佞人が伴

右の一首は、博士、消奈行文大夫作る。

つけまつげ

2010/06/26(土) 06:38:48 [短歌]

つけまつげデッキブラシの如く見ゆ電車の中のガングロのギャル

巻第十五 三六六八

2010/06/26(土) 05:54:07 [万葉集の勉強]

筑前の国の志麻の郡の韓亭に到り、船泊りして三日を経ぬ。時に夜月の光、こうこう流照す。ひさしくこの華に対し、旅情悽噎す。おのもおのも心緒を陳べ、いささかにつくる歌六首。

大君の遠のみかどと思えれど日長くしあれば恋いにけるかも



悽噎:悲しみで一杯

下北沢

2010/06/25(金) 00:47:03 [【09-10】ちぃばす麻布ルート]

本多劇場の下層に入っている
ヴィレッジ・ヴァンガードから流れるジャズのメロディーに
何だか聞き覚えがあると思ったら、
ファイナルファンタジーのオープニングテーマではないか。

点在する小劇場群は、
新宿を起点として中央線沿線に連なるサブカル文化圏の影響。
ライブハウスなんかは、渋谷系文化の流入。
駅前では伝説のすた丼屋が商売をしているけれど、
これは郊外からやってきたものだろう。
小田急と井の頭線が結ぶ諸々のカルチャーの交差点。

非常に好ましいことに、この街にはパチンコ屋がない。

またこの街にはブックオフがない。
商店街の脇道や裏側にも、至る所にDORAMAが蟠居して
新古書・中古ゲームソフト・レンタルDVD・CD市場を占有している。
当然、ツタヤもない。

私の世代にとっては、
このテーマソングは一つの時代を代表する最もポピュラーな楽曲であり、
その旋律はダイレクトにノスタルジーを刺激するのだが、
同じフレーズばかりが何度も繰り返されるので、さすがにしまいには飽きてくる。
この街は秋葉原に似ている部分もあるなと、ふと思う。

巻第十五 三六二七

2010/06/19(土) 05:40:17 [万葉集の勉強]

属物発思の歌一首

朝されば 妹が手に巻く 鏡なす 御津の浜びに 大船に 真楫しじ貫き ……



属物発思:景物に触れて感慨を発した歌。

デフラグ

2010/06/18(金) 05:45:02 [【09-10】ちぃばす麻布ルート]

雨足がとても強くて
初夏にして
かそけき夜のデフラグの音



機の枢(くるる)ハードディスクの雨の夜に堅果を穿つ虫の囁き

巻第十一 二四九七

2010/06/18(金) 00:18:54 [万葉集の勉強]

隼人の名負う夜声のいちしろく我が名はのりつ妻と頼ませ



隼人の有名な夜警の声、その大きな声のように、はっきりと私の名は申し上げました。
この上は、私を妻として頼みにして下さいませ。

濁りのない、純粋でストレートな愛の告白の歌。すがすがしい。

巣鴨の貸間

2010/06/17(木) 03:29:13 [【09-10】ちぃばす麻布ルート]

 東京外大のキャンパスがすぐ近くにあった頃は、こんな部屋でも下宿する人がいたのだけれど、今はそういう人も居ない。
 三階の下宿人は家賃を滞納している。
 三階の部屋には洗濯機を置くスペースも、排水を流すとよもあるが、この部屋にはない。(「とよ」というのはもちろん樋のことだろうが、どこかの方言だろうか? それとも下町言葉だろうか?)

 土地の形が歪なので部屋の形はおかしいが、建築家に特に頼んで設計してもらった鉄骨鉄筋造りなのでとにかく頑丈で、どんな地震が来ても耐えられる。
 白山通り沿いにマンションが出来てしまったために風通しが悪くなってしまった。幹線道路沿いは、高さ規制がないのでしょうがない。
 銭湯とコインランドリーはすぐ近くにある。
 電気代は実費を頂くが、ガスと水道はサービスします。

 喋っていたのは、老夫婦の主に婆さんの方だった。
 そんな話を一通り終えた後に、水羊羹を二パックとあまり冷えてない野菜ジュースを出してくれた。



 老人達の集う観光名所としてマスコミ上にしばしば登場する地蔵通り商店街(昔の中仙道でもある)を擁する西側とは異なり、白山通りの東側は入り組んだ区系に古ぼけた建物が並ぶ、本当に昭和を感じさせる下町である。
 昔ながらの名称のアパート。
 あまり賑わっているとは言い難い商店街に貼られている公明党のポスター。

 白山通りの歩道には柵で囲まれた空白地が点在する。
 車道拡幅のために買収を行っている途中なのであろう。
 九十年代製の、ソニーの箱型テレビが放置されている。

 けれどもこの通りを渡って行く都電荒川線の車両はデザインまでもが真新しい。

【映画】沈黙の戦艦

2010/06/17(木) 00:14:15 [【映画】観映グゥ評]

テロリストにジャックされたアメリカ海軍の軍艦を、元特殊部隊のコックが奪還するアクション映画。スティーブン・セガール主演。テロリストのボスはトミー・リー・ジョーンズ。このあたりのアメリカ映画は、本当に何も考えずにお気楽に見れる。邦訳タイトルは公開当時話題を呼んでいたかわぐちかいじの漫画『沈黙の艦隊』にあやかろうとしたものだろう。さしたる必然性もないヒロインのストリッパーが、アメリカの底辺階級のショージキな欲望を体現していて微笑ましい。

巻第十一 二三六八

2010/06/16(水) 01:17:10 [万葉集の勉強]

正述心緒

たらちねの母が手離れかくばかりすべなきことはいまだせなくに



正述心緒:物に寄せずに直接自分の思いを述べた歌。

ナンプレとかと同程度には

2010/06/15(火) 04:55:48 [詩文・俳文]

職場の主婦がやっているナンプレと同程度には、
詩や短歌や俳句も人々に親しまれないものだろうか。
その最難問編というのもコンビニに売っているらしいが、
暗号を読解するが如き数的パズルが娯楽として存在するなら、
同じく暗号のように難解な現代詩や前衛詩を解釈する行為も
娯楽としてあっていいのではないか?

巻第十 二三三二

2010/06/15(火) 02:12:48 [万葉集の勉強]

月を詠む

さ夜更けば出でこむ月を高山の嶺の白雪隠すらむかも

【2ちゃんねる】小惑星探査機はやぶさの最後

2010/06/14(月) 02:51:38 [引用▼日本]

484 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 00:04:45.09 ID:Cjlhb3sS0
センチメンタルな奴が多いな。
帰ってきた「工学実験探査機はやぶさ」ってのは、ただの壊れかけた機械だろ。
だぁからぁ。
帰ってきた「はやぶさ」は、再突入回廊ではなく、より深い降下角度で大気圏に再突入する。
帰ってきた「はやぶさ」は、断熱圧縮による空力加熱で、真っ赤な軌跡を描く紅蓮の火の玉となり、轟音とともにダイオードひとつ残さず燃え尽きる。
燃え尽きた「はやぶさ」は、ゆっくりと成層圏に拡散する。
燃え尽きた「はやぶさ」は、高度13kmでジェット気流に乗り、天空を駆け廻る。
空を廻った「はやぶさ」は、高度6kmで乱層雲と出会う。
空を廻った「はやぶさ」は、昇華核として飽和水蒸気を集め、氷晶となり雪片となる。
雪になった「はやぶさ」は、ひらはらひらりと舞い降りる。
雪になった「はやぶさ」は、途中で融けて雨になる。
だから。
ある朝玄関を出たお前の肩先に落ちる一滴の雨粒、それが「はやぶさ」だ。



小惑星探査機はやぶさのミッション成功とその消滅が、2ちゃんねるやツイッターでは祭りになっている。

巻第十 二三三一

2010/06/13(日) 23:46:53 [万葉集の勉強]

黄葉を詠む

八田の野の浅茅色づく有乳山嶺の沫雪寒く降るらし

僕は第二の……

2010/06/13(日) 00:56:49 [詩文・俳文]

フォークソングの時代であった一九七〇年代を懐かしむごく一部の人々を除けば、
アコースティックギターを爪弾くストリートミュージシャンのほとんどは、
まあ言ってみればゆず
物真似、
二番煎じ、
エピゴーネン、
デッドコピー、
モンキーモデル、
劣化再生産、
であることぐらいは、ポピュラー音楽に関して無知な私でもさすがに知っていた。
では、ギターではなく、キーボードで弾き語りをしている女性はいったい何なのだろうと
この数年来疑問であったが、
最近あれは第二のアンジェラ・アキを目指しているのではないかと思うようになった。

毛筆で短詩や格言が書かれた色紙を広げている人々は、
第二の相田みつをを狙っているのであろうか?
色紙ではなく、自分で勝手に作った本を売りこんでいる場合は、
第二の……一体何になるんだろう?

巻十 二三二五

2010/06/12(土) 23:11:25 [万葉集の勉強]

花を詠む

誰が園の梅の花ぞもひさかたの清き月夜にここだ散り来る

【おしらせ】高円寺の家庭料理店「みじんこ洞」さんに書籍を置いてもらいました。

2010/06/12(土) 01:23:19 [お知らせ・近況報告]

高円寺の家庭料理店「みじんこ洞」さんに青条の著作『雑司ヶ谷下水道水難事件』を置いてもらいました。
委託販売販売ではなく、見本を一部置いて貰うという感じです。
みじんこ洞さんのサイトはこちらです。
↓↓↓
http://mijincodou.jimdo.com/

みじんこ洞さんでは、ミニコミ・フリーペーパー関連のイベントが定期的に開かれています。詳しくは直接問い合わせてみて下さい。

巻第十 二二三八

2010/06/12(土) 00:32:00 [万葉集の勉強]

霜を詠む

天飛ぶや雁の翼の覆い羽のいづく漏りてか霜の降りけむ

新世紀のエヴァンゲリヲン

2010/06/11(金) 01:36:46 [【09-10】ちぃばす麻布ルート]

街角のエヴァンゲリオン知らぬ間に知らない少女が一人増えてる



新世紀オがヲになって綾波アスカもとうにパチンコの人

巻第十 一八八四・一八八五

2010/06/10(木) 23:37:19 [万葉集の勉強]

歎旧

冬過ぎて春し来たれば年月は新たなれども人は古りゆく

物皆は新しきよしただしくも人は古りにしよろしかるべし



歎旧:年老いたことへの嘆き

吉祥寺のヨドバシカメラ

2010/06/10(木) 03:50:12 [【09-10】ちぃばす麻布ルート]

 その地元で生まれ育った人によると、吉祥寺駅北口の東側の一帯は、もともとはお水系の飲食店や風俗店が軒を連ねるピンクなエリアであったが、ヨドバシカメラの巨大なビルが登場して以降それらのビジネスは著しく下火になったのだと言う。
 『シムシティ』みたいな都市開発のシミュレーションゲームなんかでは、風紀の紊乱した地域をクレンジングするためには何よりもまず、警察署を建てようと単純に考えてしまいそうだが、家電量販店が歓楽街を弱体化させるというのは、現実の都市の生態系はやはりゲームよりは複雑で多層的なものだ。

巻第八 一六五一

2010/06/10(木) 02:47:39 [万葉集の勉強]

大伴坂上郎女が歌一首

沫雪のこのころ継ぎてかく降らば梅の初花散りか過ぎなむ

都バス業平橋→新橋

2010/06/09(水) 03:44:35 [【09-10】ちぃばす麻布ルート]

 特にバスターミナルがあるわけでもない東武業平橋駅脇の道路で、頭を北に向けてそのバスは発車時刻を待っている。出発すると間もなく左折し、二度目の左折によってその顔を本来の進行方向である南に変えると、三ツ目通りに入って淡々と走り始める。車窓後方にはもちろん建設途中の東京スカイツリーだ。
 しかしながらそれ以外には、特に目立つものが車窓から見えるわけではない。雑居ビルと各種店舗が適宜散りばめられた、日本の都会の普通の幹線道路の風景。歩道上に時折、慎ましやかに口を開けている地下鉄駅の入口。何の屈曲も起伏もなく、あたかも経線そのもののように南北に一直線に引かれている何本かの自動車道のひとつであるこの通りは、同じく緯線のような道路や人工河川と時折直角に交差する。座標軸をただ辿るかのような平坦さについつい注意力も散漫になり、総武線の高架も首都高小松川線も何時くぐったのかわからない。
 スカイツリーも何時の間にか見えない。

 けれども一方で、信号以外の何物にも妨げられないこの夜の疾走感は悪くない。軽快かつ爽快である。それなりに丘も谷もある山手の、武蔵野台地を走るバスではこうはいかない。

 左手の、広大な敷地に斜め75度ぐらいに立った変なオブジェが何本も並んでいるのは一体何だろうと思ったら、東京都現代美術館であった。半蔵門線が隅田川以東に延伸し、清澄白河駅なんかが出来る前は、東西線からはるばるこの辺りまで歩いて来たことなどを懐かしく思い出す。その東西線の木場駅の周辺は、他の地下鉄駅と比べてずいぶんと明るく栄えているが、これは駅としての歴史やキャリア(?)によるものだろうか?
 さらに南下を続けて、枝川の辺りまで来ると、団地風のマンションばかりでずいぶんと静かになる。このバスも久しぶりに曲がるという動作を行い、西に進んでいく。
 やはりネオンが明るい豊洲駅前の交差点を曲がって、ららぽーとの脇を走る。ゆりかもめの高架は終点駅であるここで打ち切られている。夜の臨海エリアに走り出すその姿を見ながら、埋立地をゆっくりと遠回りをしていくあの無人鉄道と、このバスとではどちらが先に新橋に着くのだろうかなどと考える。
 タワーマンションが林立する一帯を抜け出て隅田川を渡る時、東京タワーがその姿を車窓に現す。記号のレベルにおいては二つの橋を結んでいるこのバスに乗って三ツ目通りを走って来た小さな旅の終盤に、同じ一つの車窓から二つ目の高塔を眺めることが出来て僕は満足する。

 三越の交差点から入った銀座のデパート通りはタクシーがひしめきあって遅々として進まない。H&Mの前で停止したままのバスを、自転車がいともたやすく追い抜いていく。ここまで来たらもう歩いたほうが早いだろう。

 そして人はそれを望むならば、業平橋から新橋へのバス旅行を終えた後に、新橋から小滝橋への新たなる旅に出ることが出来る。

巻第八 一六四七

2010/06/08(火) 23:14:18 [万葉集の勉強]

忌部首黒麻呂が雪の歌一首

梅の花枝にか散ると見るまでに風に乱れて雪ぞ降り来る

放射性物質

2010/06/08(火) 00:44:45 [短歌]

放射性物質の如くわが内の昔日の怒り減ずることなく



「近づくと火傷するぜ」はカッコイイかもしれないが、
「近づくと被曝するぜ」はあんまりカッコ良くない。

巻第八 一六四六

2010/06/07(月) 23:30:29 [万葉集の勉強]

小治田朝臣東麻呂が雪の歌一首

ぬばたまの今夜の雪にいざ濡れな明けむ朝に消なば惜しけむ

| HOME | Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。