スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都バス 東京スカイツリー→上野公園

2012/12/31(月) 21:39:59 [【11-12】夏と愛と]

 東京スカイツリーの開業と同時に、その足元の北十間川東武伊勢崎線とに南北を挟まれたエリアに、巨大な商業施設が登場した。城砦のようなその規模によって、明らかに周辺地域の自営業者を迫害し、抹殺しようとしている。極めて暴力的な風景である。ロードサイド型ショッピングセンターの進出による地方社会の破壊と同様の侵略行為が、隅田川東岸の東京の下町において、現在進行形で行われている。



 このバス停の名前は、以前は「業平橋」であったが、現在は「東京スカイツリー」である。ツリーの開業に伴って、東武鉄道の業平橋駅が、東京スカイツリー駅に改名したからだ。スカイツリータウンの登場によって、押上駅の方に新しくきちんとしたバスロータリーが設けられたため、業平橋駅側のバス停は何だか貧相に思えてしまう。
 バスを待つ時間を、東武の高架をくぐったすぐ北側にある古書店で潰す。この店の様子は、見た限りではスカイツリー開業以前と全く変わっていない。
 上野行きの都バスに乗る。平日の夜に、それなりに人が乗っているが、観光客よりも生活客の方が多いようにも見える。
 左折して、そのまま直進し、隅田川を渡る。言問橋である。さほど明るくはない浅草の裏側を西進し続ける。それでも日比谷線の入谷駅がある交差点の付近だけは、やや華やいでいる雰囲気がしないでもない。下町なので、地形に起伏はほとんど感じられない。
 鶯谷駅の北側の陸橋を走る時には、上り坂の存在を認識出来た。この陸橋の足元辺りに、正岡子規の終焉の地である子規庵があったことを、ふと思い出す。山手線と京浜東北線と東北本線とのレールの束を渡って、このバスは今は武蔵野台地の東端に登っている。つまりは、旧山の手エリアである。住宅地のため、道は暗い。
 千代田線の根津駅前のバス停で、私以外の乗客は全員降りてしまった。時間調整のため、しばらく停車するという。間。十月の長い夜の、ある部分を、私一人だけで独占している。
 今回のこの単調で暗い旅の間に、今までのバス旅でしばしば私が敗北してきた睡魔に襲われることは、何故か全く無かった。
 再び走り始めたバスは私一人だけを乗せて南へ走り、上野公園の周囲を反時計回りに半周する。終点は不忍池の南側の、やはり暗くて人通りの余り無いバス停で、ここから池袋に発車するというバスの本数も、極めて寂しいものであった。上野駅までは少し距離があり、御徒町の方がむしろ近いようにも感じられた。上野広小路では、ブックオフが新規開店工事中であった。
スポンサーサイト

【メモ】詩作者の行動圏

2012/12/30(日) 01:38:40 [【思索】詩作ノート]

 井上靖の詩集と、加藤楸邨の句集を、互いに無関係に読み進めて、ある共通点に気がついた。両者ともその壮年時代のある時点から、中国、内陸アジア、中央アジア諸国を旅した、実体験に基づく作品が散見されることだ。大陸の乾燥地域を題材にしたそれらの作品群は、日本在来のいわゆる伝統的・情緒的な感性とも、西洋輸入のモダンな表現とも異なる詩的表現を模索したもので、興味深い。
 そのような創作活動を可能にした背景にはもちろん、1970年代の、日中国交正常化により中国への入国が可能になったことがあるだろう。またそれに加えて、戦後の経済成長を経て国際社会における日本の経済的地位が上昇し、海外旅行自体が容易になったということでもあるだろう。改めて確認してみると、楸邨は1905年(明治38年)生まれ、井上は1907年(明治40年)生まれでほぼ同世代になる。世界の中の日本の地位の変化、外交関係の変化が、私的な衝動を創作活動の根拠とする詩人の作品の中にも、濃厚に反映されている。三好達治萩原朔太郎が想像の中で描いた駱駝の歩く沙漠の地を、彼らは実際に踏むことが出来たのだ。

加藤楸邨句集 (岩波文庫)加藤楸邨句集 (岩波文庫)
(2012/05/17)
加藤 楸邨

商品詳細を見る


【図書館】『福島の向日葵に捧げる歌』を国立国会図書館に納本しました【納本】

2012/12/29(土) 00:47:40 [お知らせ・近況報告]

新刊『福島の向日葵に捧げる歌』を国立国会図書館(東京都千代田区)に納本しました。
同館の検索システムに反映されるのは何時頃になるのかはわかりませんが、
私のこれまでの著作と同様の取り扱いをされるものと思われます。


国立国会図書館のサイト
↓↓↓
http://www.ndl.go.jp/

加藤楸邨『中国・シルクロード俳句紀行』より1

2012/12/28(金) 02:07:21 [引用▼日本]

化け茄子もくわねば熱沙越えられず

死の塔を灼きて太陽老いざりき
(ブハラでの句。罪人を突き落としたので死の塔と呼ばれているとのこと)

靴を出し種子はウズベクの鳳仙花

(カンダハル)
凧の尾に雨期の終りの沙旋風



カンダハルは、アフガニスタンの土地。アフガン戦争の時しばしばその名前を聞いた。

【下北沢】「フィクショネス」に『福島の向日葵に捧げる歌』をおいてもらいました【委託販売】

2012/12/25(火) 22:43:11 [お知らせ・近況報告]

下北沢の文芸系書店「フィクショネス」に、新刊『福島の向日葵に捧げる歌』を置いてもらいました。
フィクショネスさんのサイトはこちらです。
↓↓↓
http://www.ficciones.jp/

個人的な事情により、なかなか時間が確保出来ないこともあるのですが、
営業活動、路上販売活動も粘り強く続けていきたいと思います。
私の近況に関しては、ツイッターなどでも随時報告していきたいと思います。

http://twitter.com/seijyomiu

東京スカイツリーに行ってみる

2012/12/24(月) 23:32:54 [【11-12】夏と愛と]

 押上駅で降りる。地下通路を通って、スカイツリーの足下に広がる新しくて巨大な商業スペースに至る。いずれも割高なそのフードコートから、最も安いと思われるうどん屋を選んで食事をする。別にうどんが食べたかった訳ではない。
 一般来訪客のスカイツリーへの入場口には長い行列が出来ている。四十分待ちだという。余り若くもなく、また美人でもない女性係員に、午前中に来たらもう少し空いていたのかと尋ねると、朝はむしろもっと混んでいたと答える。
 並ぶ。列のすぐ後ろの熟年夫婦のおばさんの方が愚痴を言う。その気持ちもわかる。夫がなだめる。実際にはそんなに待たずに入場出来た。
 東京スカイツリーの展望台は、二重構造になっている。一つは、下層階から入場してすぐの「展望デッキ。」そしてもう一つは、その「展望デッキ」から更にエレベーターで上へ向かう「展望回廊」である。「展望回廊」は別料金である。スイカでチケットを買った。
 最上の展望台「展望回廊」から、秋の夕刻の東京を一望する。この高さから見ると普通の建造物は小さ過ぎ、よほど外観に特徴がある建物でないと、それが何なのか判別出来ない。東京タワーはさすがに一目で分かる。高層建築物以外では、さほど遠くはないためか、東京ドームがやはり目立って見える。いわゆる副都心方面だと、新宿新都心のコクーンタワーの曲線のシルエットが最もわかりやすい。むしろコクーンタワーや都庁の存在によって、ああ、この方向が新宿なのだと認識できる。池袋がどこなのか良く分からない。あれがサンシャインビルで正しいのか? この方向が池袋で合っているのか? 
 南西に視線を転じると、やはりこれも今年新しく出来た東京港ゲートブリッジが見える。空が次第に暗くなるにつれて、葛西臨海公園の大観覧車も垂直に浮き上がってくる。首都高と幹線道路とが描く光の網の目が眼下一体に描かれる。ディズニーランド一帯は、余りにも広すぎて曖昧として逆に良く分からない。
 カップルであれ、夫婦であれ、家族であれ、この東京で最も高い場所に新設された観光・デートスポットには、ほとんどの人はその愛する人を伴ってやって来るのだろう。それが普通である。けれども中には、愛する人を探しに来る人間、その愛する人が今この瞬間に居ると思われる場所を探しに、この東京で最も高い場所に新設された展望台に独り登る人間もいるだろう。あれがサンシャインビルで正しいのか? この方向が池袋で合っているのか?
 「展望回廊」はエレベーターの到着地点から、最高地点までが緩やかな上り坂となっていて、人は皆そこまで歩いて向かう仕組みになっている。最高地点では写真撮影を頼まれたり、逆に頼んだりする。どのような技術に拠るものなのか良く分からないが、夜空をスクリーンとして「ソラカラポイント」という文字列が映し出されているので、それも写真に納める。本当に不思議だ。十月の日没は遅過ぎず、また早過ぎない。夕方と夜との境目の時間帯に来たおかげで、両方の景観が楽しめて得をした。
 エレベーターで再び「展望デッキ」まで下る。足下から地上まで見下ろせるガラス張りの床に蹴りを入れて遊んだり、喫茶スペースで割高な甘味を食べたりする。(別にレストランもあったが、余りにも高すぎて手が出なかった。)すぐ下の、どこかの中学か高校のグランドが明るい。何かの部活の夜練をしているのだろう。
 帰りのエレベーターの行列で、今夜は満月だと少女のグループの一人が言う。そう言えば自分はこの高塔に居る間、下を見るばかりで全く上を見なかったことに初めて気付かされる。
 

【江古田】中庭ノ空に『福島の向日葵に捧げる歌』を置いてもらいました【委託販売】

2012/12/20(木) 21:24:25 [お知らせ・近況報告]

西武池袋線江古田駅南、千川通り沿いのポエムカフェ、
中庭ノ空さんで新刊『福島の向日葵に捧げる歌』の委託販売を始めました。

中庭ノ空さんの店内には多くの詩集・詩文学関連書籍が常備されています。
(私の旧作も『電線上のハクビシン』『ちぃばす麻布ルート』も置いて頂いています。)

また、様々な文化的・アート的イベントが
定期・不定期問わず開催されており、
表現・創作活動に興味がある人にとっては、
有益な出会いや情報が交換できる空間でもあります。
練馬区東側の街歩きの拠点としてもお勧めです。

最近メニューにおにぎりが追加され、
飲食スペースとしても充実を見せています。

中庭ノ空さんのサイトはこちらです。
↓↓↓
http://nakaniwanosora.web.fc2.com/

ぬいぐるみであるかのようにビジネスバッグを

2012/12/10(月) 00:02:14 [【11-12】夏と愛と]

 それがぬいぐるみであるかのように、ビジネスバッグを抱いて眠る。
 そこが布団であるかのように、ロングシートの一番右端に滑り込む。

●冬眠(スリプル)

2012/12/08(土) 23:14:21 [【11-12】夏と愛と]

(注記:この詩は草野心平坂口博信との本歌取りである)

●ブリザド
●スリプル

●凍土(トード)



●ブリサガ

大崎駅南口のTSUTAYA

2012/12/07(金) 23:58:55 [【11-12】夏と愛と]

 大崎駅南口のTSUTAYAは、書店フロアに喫茶店が併設されていて、購入前の本を持ち込んで品定めが出来る。すぐ近くに社屋を構えるソニーの社員たちは、こんな恵まれた環境で日々鋭気を養っているのだろうと想像すると、少し羨ましいような気がする。これは新業態のようだが、そうではない。東京駅八重洲口にかつてあった旧大丸デパート内の三省堂書店が、同様のサービスを提供していた。数年前、再開発に伴って大丸が新しい高層ビル内に移転したのを期に、無くなってしまった(三省堂自体は出店を継続している)のだが、どうして止めてしまったのだろう? 
 その旧三省堂内の店舗では、私は大体いつもウインナコーヒーを注文していた。別に気取っていたのではない。ただそれが一番割安だったというだけである。正確に言えば、その店は喫茶店なのでやはりコーヒーがドリンクメニューの中心で、他のドリンク類は割高で、なおかつ私は本来コーヒーが苦手なので、妥協策としてそれを選択していたというだけである。タイトルだけを見てピックアップしてきた新書本を傍らに山積みにして(当時は各出版社から新書本の創刊が相次いで、ある種のブームだった)、生クリームの中に無造作にティースプーンを差し入れてクルクルと掻き回していた。そんな時代を思い出す。

国道254号野火止交差点付近

2012/12/07(金) 00:03:41 [【11-12】夏と愛と]

 郊外のいわゆるクルマ社会、ロードサイド文化の俗悪さや醜悪さを、自分ではそれなりに理解した上で、それに対する違和感や嫌悪を表現してきたつもりだった。埼玉県新座市郊外を走る国道254号線の、元々は野火止用水が走っていたという場所にかかる歩道橋の上に立った時、その確信は粉々に打ち砕かれた。ドンキホーテ、回転寿司、ファミレス、ファストフード、紳士服店、コジマ……。
視界の及ぶ限りどこまでも延々と連なるロードサイド型ショップに、同じく連なる車列。(この並びにブックオフが無いことが不思議でならない。)その圧倒的な質量に全身から力が抜け、思わず座り込みそうになった。現代日本人の物欲だけが抽出されそのまま現前し具象化した風景の圧力に対して、いかなる言論も無力なのではないかと思わされた。
 後になって、そのロードサイドの一軒である「かつや」で食事をした。会計の時に「国道254線」以外にも、この道路には「~~街道」とか「○○通り」とかいうような通称はないのかと店員の女の子に尋ねると、親切にもわざわざ道路地図を持ち出して調べてくれた。結局そういった呼称は特に見つからないとのことだった。この店で今日食べたエビフライ丼はフツーに美味かった。次回から使える割引券も貰った。

日曜の中央線の下りの始発

2012/12/04(火) 22:59:48 [短歌]

 日曜の中央線の下りの始発。人が多くて座れない。半分は土曜の夜を飲み明かした酔っ払い、もう半分は奥多摩や山梨方面へ山歩きに行く人間で占められている。各駅停車なので、駅に止まるたびに前者が少しづつ数を減らし、後者が数を増やす。



健康と不健康とが隣り合うロングシートに朝日が次第に



 吉祥寺で酩酊者の集団が大量に補充される。
 立川で登山客が大量に降りる。
 私は高尾まで乗り続ける。

【オープンマイクイベント】「たまとぎ」Vol.16に参加して来ました【渋谷】

2012/12/04(火) 15:48:38 [お知らせ・近況報告]

2012年12月2日、渋谷円山町のバー「Space turbo Bar&Gallery」において開催された
オープンマイクイベント「たまとぎ」Vol.16に参加して来ました。
私は近況報告を行った後に、
新刊の『福島の向日葵に捧げる歌』から、表題作を朗読しました。

Space turbo Bar&Galleryさんのサイトはこちらです。
↓↓↓↓
http://www.kensscratch.com/gallery-space-turbo.html

主催者の桑原さん・イシダさんに御礼を申し上げます。
また当日私の新刊を買ってくださった方、
拙い作品を聞いて下さった全ての方に改めて感謝を申し上げます。
(この日の売り上げは新刊5冊!
一日の売り上げとして、自己最高記録を更新しました。)

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。