青水無月を振り切る

2014/07/31(木) 20:49:53 [【13-14】※現在工事中です]

武蔵野市小金井市境を自転車で走る)



この道を青水無月の白昼の樹樹の臭気を振り切る速度で
スポンサーサイト

青水無月が腐る

2014/07/31(木) 20:45:41 [【13-14】※現在工事中です]

 大分以前に、一茶の句で「青水無月」という季語の存在を知って以来、この語を用いた句を創ってみたいと思っていた。毎年六月には挑戦してみるのだが、毎年失敗してきた。今年も六月になったので、何かヒントが見つからないかと、とりあえずグーグルでこの言葉を検索してみた。
 検索結果の先頭に出たのは、いわゆる腐女子が読むBL小説。つまり女性のオタクの嗜好に合わせて書かれた、男同士の、肉体関係を伴う恋愛小説である。その表紙のイラストを見て、今年も駄目だなと諦めた。

メトロの無策

2014/07/29(火) 13:18:00 [俳句]

地下鉄の車窓を凝視して無策

蒲公英は二度飛ぶ

2014/07/29(火) 13:12:03 [【13-14】※現在工事中です]

 蒲公英の綿毛の機能の最大の構成要素は、勿論その飛翔能力にある。風力を利用して個々の種子を広汎に撒布し、次世代の生育可能性を高め、生存圏(レーベンスラウム)を拡張することにある。
 だが、それだけではないのではないかと、春の武蔵野の、高架下の駐輪場において、ふと考えた。
 高架下の駐輪場のアスファルトは、固く乾いている。風によって吹き寄せられた蒲公英の種が落下しても、その場に定着しない。弱風によってしばらくの間は転がっていたかと思うと、強風によって機会を得て再び離陸する。
 だから蒲公英の綿は、地表の湿度や硬度を探って選別するセンサーの役割も担っているのではないかと推察する。落下した場所が、柔らかく湿った地面ならば、その綿は水気を吸収して重く湿り、再度の離陸は不可能になるだろう。しかしそういう場所ならば、植物の生育には適しているだろう。反対に、固く乾いて植物の生育に適さない土地ならば、綿は飛翔能力を保持し続け、再度のフライトに備えるだろう。
 蒲公英は二度飛ぶ。
 風ある限り。
 だから誰にとっても、最初に着地した場所が、最も適した場所であるとは限らない。今生きてある生物であるならば、任意に移動することが許されているし、また事実移動することによって、その生の可能性を高めるのである。



蒲公英の綿何時までも何処までも飛んでいられるほどの風の日



蒲公英の綿
大地より
大空を選びうる
この風ある限り

インコ語がわかる本

2014/07/27(日) 20:43:10 [【13-14】※現在工事中です]

 猫語がわかる本は、野良猫のスラングにもそれなりに紙幅を割いているかも知れないが、インコ語がわかる本は、野良インコのスラングには紙幅を割いていないだろう。
 野良インコの言葉は、そもそも日本語なのか?

呟く男

2014/07/27(日) 20:38:55 [【13-14】※現在工事中です]

夕日に向かって呟く男の、影が、長く、伸びる。
ツイッターに向かって呟く男の、影も、長く、伸びる。

【オープンマイク】Voice Circusに参加してきました【江古田・中庭ノ空】

2014/07/27(日) 20:29:06 [お知らせ・近況報告]

2014年7月27日16時より
江古田のカフェ『中庭ノ空』において開催されたオープンマイクイベント
「Voice Circus」(主催:norikoさん)に参加してきました。

青条は自己紹介及び自著の紹介の後、
『夏と愛と』より以下の作品を朗読しました。

「滅びない」
「祈りとは」
「夏と愛と」
「NTTの通風孔」

次回の「Voice Circus」は9月20日、やはり中庭ノ空での開催が決まっているとのことです。

主催のnorikoさん、
中庭ノ空の五十嵐さん、
私の拙い作品をご清聴下さった皆様、
また、私の著作をお買い上げ下さった方に
この場から御礼を申し上げます。


Voice Circusの公式ブログ
http://voicecircus.seesaa.net/


中庭ノ空
http://nakaniwanosora.web.fc2.com/

飛行船の本気(青山にて)

2014/07/26(土) 22:26:49 [【13-14】※現在工事中です]

本気を出した時の飛行船は結構早いし、
うるさい。
少なくとも、癒し系などでは全くない。

特に期待しない

2014/07/26(土) 22:25:09 [【13-14】※現在工事中です]

政治家に何も期待しないのと同程度には、
音楽家にも特に期待しない。

大手町サンケイビルのオブジェ

2014/07/26(土) 22:21:44 [【13-14】※現在工事中です]

この窓に春風としてのビル風の冷たさに揺れる午前が映る



この街のビル風としての春風に吹かれる。
オブジェは空を指示する。

桜東風

2014/07/25(金) 22:42:53 [【13-14】※現在工事中です]

桜東風喉が渇いてしょうがない



桜東風大きく息を吸い込んだ

クリミアの雲

2014/07/25(金) 22:40:33 [【13-14】※現在工事中です]

ユーラシア大陸の如き三月の雲崩れゆくクリミアの緯度

春風五

2014/07/25(金) 22:33:21 [【13-14】※現在工事中です]

春分の春風達も発情期

湾岸にイングラムを見に行かなかった件について

2014/07/24(木) 22:32:39 [エッセイ]

 数年前の夏に、お台場の潮風公園に実物大のガンダムが姿を現した時には、全く素直な好奇心でそれを見に行った。その湾岸地域のロケーションを観察し、埋立地にふさわしいのは、ガンダムよりも『機動警察パトレイバー』のイングラムではないかと当時は考え、そういう内容の文章を書いた。(第三詩文集『電線上のハクビシン』所収。)
 イングラムの実物大オブジェが湾岸埋立地に登場することなど、現実にはありえないと思っていた。団塊ジュニア世代以降の圧倒的な支持を今なお受け、ゲーム・玩具産業の収益を支え続け、社会的にも大きく取り上げられるガンダムと異なり、今の時点においてパトレイバー氷河期世代の、ごく限られたクラスター(オタクと一部サブカル)の偏愛と回想の対象に過ぎないと、思っていた。
 だからこの春に、豊洲に実物大のイングラムが現れたと聞いた時には、少し意外に思った。見に行く気にはならず、結局行かなかった。良い思い出は良い思い出のまま保存しておきたい。今になって実写化なんて。
 前世紀に創作されたコンテンツの再利用(リサイクル)を延々と繰り返すだけの現在の文化産業にも、それを消費して年老いていくだけの同世代の文化的実存にも、疑問を抱かざるをえない。もちろんそれは、ガンダムパトレイバーに限った問題ではない。黄金期ジャンプマンガ、ドラクエやFFといったテレビゲームのビッグタイトル、ジブリ映画……。十年代の日本において、かなり広汎に観察される事象ではある。何故パトレイバーだけには、私はことさら過敏になってしまうのか?
 それはおそらく、私達の世代においては、、少なくとも私個人においては、ガンダムは純粋に童心において遊ぶコンテンツであったのに対し、パトレイバーは思春期の多感な時代に吸収した物語だったからではないかと内省する。つまり、ガンダムは、主に小学生時代に、プラモデルやSDガンダムのカードダスやシミュレーションゲームにおいて消費するコンテンツであった。パトレイバーを見たり読んだりしたのは、内面的にも社会的にも意識が拡大する思春期だ。(媒体も思春期にふさわしく、少年サンデーだ。)西ドイツの国境警備隊のレイバーが登場するフィクションと並行して東西ドイツが統一され、東南アジアのPKOで部下を失った自衛官がテロリストとなる映画と前後して、現実のカンボジアPKOでも自衛官の犠牲者が出る。もちろん、ロボットアニメというジャンルの制約内における表現ではあるが、それなりの社会性と同時代性がパトレイバーには刻印されており、また十代の拙い思考回路なりに、それを把握しようとした当時の自分自身が、この作品を見る時には必然的に投影されてしまう。
 そうではないパトレイバーなど、パトレイバーではない。少なくとも、私にとっては。



時代とは非情なるもの誰も皆そのままの君ではいられない



 特車二課は、東京湾岸のどの自治体に所在しているのだろう? 江東区か港区か? それとも品川区か? まさか大田区ではないだろうと思うが。

【神楽坂】OpenMic/wonder-words、Vol.19に参加して来ました【オープンマイク】

2014/07/20(日) 23:23:02 [お知らせ・近況報告]

神楽坂のカフェ、キイトス茶房さんにて、
2014.7.20に開催されたオープンマイクイベント、
OpenMic/wonder-words、Vol.19に参加して来ました。

青条は、『夏と愛と』より、
「全てのバスの色彩のために」
「NTTの通風孔」を朗読しました。

また、毎年恒例の年次詩文集の編集作業を現在行っており、
10月から11月頃に発刊予定である旨を、告知させて頂きました。

今回は二周目があったので、
隣に座っていたツツブチさん所持の戦後詩のアンソロジー(新潮文庫)をお借りし、
清岡卓行の詩を二編朗読しました。

主催者の方々(rabbitfighterさん/しえろ文威さん)、
私の未熟な朗読を聴いて下さった皆様に、御礼を申し上げます。

OpenMic/wonder-wordsのブログ
http://wonderwords.seesaa.net/

キイトス茶房さんのサイト
http://kiitosryo.blog46.fc2.com/

春の純白

2014/07/19(土) 12:58:30 [【13-14】※現在工事中です]

未だなお春の雲ども寄せ付けぬ純白として春の富士立つ

一元屋のきんつば

2014/07/17(木) 22:21:03 [【13-14】※現在工事中です]

 (クライアントが、麹町にある「一元屋」という和菓子屋のきんつばを差し入れてくれた。その餡は上品な塩味だった。)



きんつばに表裏上下左右無し

許されざる雲

2014/07/17(木) 22:17:22 [【13-14】※現在工事中です]

雲もまた許されていない。
どこまでも春の嵐に曳きずられていく。

ここから先は春だけ

2014/07/17(木) 22:15:40 [【13-14】※現在工事中です]

霜柱立たない土に爪先で触れてここから先は春だけ

白梅と雪

2014/07/16(水) 01:45:46 [【13-14】※現在工事中です]

三月の午後散ってゆく白梅に微かにかかる雪もすぐ消ゆ

春砕

2014/07/16(水) 01:44:10 [【13-14】※現在工事中です]

春風に砕かれて花であることを止める

春運

2014/07/16(水) 01:43:22 [【13-14】※現在工事中です]

春風が冷たさ以外を運ばない

春遅

2014/07/15(火) 08:30:29 [短歌]

春風が武蔵野線から職場まで遅刻メールをばら撒いている

春垂

2014/07/15(火) 08:29:13 [俳句]

春風の向きに対して垂直に

3DSの鳴き声

2014/07/15(火) 08:25:30 [詩文・俳文]

 ニンテンドー3DSの充電用アダプタをコンセントに差していると、高い金属音のような音をたてる。家電製品やOA製品が放つ、いわゆるサイレントノイズとしては、かなり大きい。どういう必然性があって、またどういうメカニズムによって、あの小さいアダプタからそんな音が出るのかはわからない。うるさくて寝室には置けない。尻尾を壁に突っ込んだ、平べったい長方形の新種のネズミが深夜鳴いているようにも見える。

再寒梅

2014/07/12(土) 09:38:44 [俳句]

寒梅と再び呼ばせるほどの雨

金魚的寝顔

2014/07/12(土) 09:36:05 [短歌]

 (早朝の武蔵野線にて)



酸欠の金魚のような寝顔して美人かどうかはわからない朝

冴え返った者へ

2014/07/11(金) 16:56:31 [【13-14】※現在工事中です]

冴え返る。
帰って来たその誰かには
お帰りなさいと誰も言わない

春を投じる

2014/07/11(金) 16:49:51 [【13-14】※現在工事中です]

ブロッコリー投げ入れる時、春にして、春そのものを茹でるのだと思う。

尻無し川のような詩

2014/07/11(金) 16:32:31 [【13-14】※現在工事中です]

 万年雪を戴くヒマラヤ山脈の水源から中央アジアの砂漠に注ぎ、どこに辿りつくことも無く消えてしまう川がある。多くの場合、ペルシア語やその他の言語による、雅やかな名前が付けられている。
 その川の存在は、無意味で虚しいものではない。
 砂に消えた水量は地下水脈として大地のどこかを流れ続け、いつか、どこかのオアシスを潤すことになる。
 大気に蒸発した水量は雲の種子として大空のどこかを漂い続け、いつか、どこかで再び雨になる。
 世界に向かって私が放つ言葉達も、その川の水の分子のようなものだと、せめて思いたい。

| HOME | Next Page »