スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【リーディングイベント】Petit BOOKWORM 8/31 meets MAGIC JOURNEYに参加してきました【吉祥寺】

2014/08/31(日) 22:33:49 [お知らせ・近況報告]

2014年8月31日、
吉祥寺「QWALUNCA CAFÉ(クワランカ カフェ)」にて開催された
リーディングイベント
「Petit BOOKWORM 8/31 meets MAGIC JOURNEY」に、
参加してきました。

青条は『夏と愛と』より、以下の作品を朗読してきました。

「滅びない」
「祈りとは」
「踊場の公衆電話」
「夏と愛と」
「接続詞」
「NTTの通風孔」

青条はパフォーマンスの後、自著の告知をして来ました。

同店のオーナー、
同イベントを主催、進行されたオーガナイザーの方、
私の拙いパフォーマンスをご清聴頂きました皆様に、
この場より御礼を申し上げます。


BOOKWORMのサイトはこちらです。
↓↓↓↓↓
http://book-worm.info/
スポンサーサイト

#(ハッシュタグ)三ツ矢サイダー短歌

2014/08/29(金) 22:00:14 [【13-14】※現在工事中です]

八月の罅割れた胸に垂直に三ツ矢サイダーただ流し込む



何もかも消え去れば良い。
サイダーの泡が潰えていくのが愉しい。

八月の和解

2014/08/27(水) 22:52:28 [短歌]

八月も半ばを過ぎて自分とも誰とも和解出来ない深夜

あなたが空を見ている時に

2014/08/26(火) 21:45:49 [【13-14】※現在工事中です]

あなたが空を見ている時に、
空もまたあなたを見ている。

あなたが何も見ていない時に、
誰もまたあなたを見ていない。

夏に祷れず

2014/08/25(月) 13:35:24 [【13-14】※現在工事中です]

黙祷を捧ぐ間もなく受話器取り督促業務で午後が始まる

【オープンマイク】「青いひみつきち」のオープンマイクに参加してきました【元麻布】

2014/08/25(月) 13:28:42 [お知らせ・近況報告]

2014年8月24日、
港区元麻布のダイニングバー「青いひみつきち」で行われたオープンマイクに、
参加してきました。

青条は『ちぃばす麻布ルート』より、以下の作品を朗読してきました。

「水彩色鉛筆」
「ちぃばす麻布ルート」
「年末の麻布に現れたホームレスの女」

青条はパフォーマンスの後、自著の告知をして来ました。

同店のオーナー、
私の拙いパフォーマンスをご清聴頂いた方に、御礼を申し上げます。

ダイニングバー「青いひみつきち」さんのサイトは、以下になります。
↓↓↓↓↓
http://www.aoihimitsukichi.com/

いつでも

2014/08/24(日) 09:14:26 [自由律]

何時でも意地を

【オープンマイク】「青いひみつきち」のオープンマイクに参加してきました【元麻布】

2014/08/24(日) 09:10:12 [お知らせ・近況報告]

2014年8月23日、
港区元麻布のダイニングバー「青いひみつきち」で行われたオープンマイクに、
参加してきました。

青条は『夏と愛と』より、以下の作品を朗読してきました。

「滅びない」
「祈りとは」
「踊場の公衆電話」
「夏と愛と」
「接続詞」
「NTTの通風孔」

青条はパフォーマンスの後、自著の告知をして来ました。

同店のオーナー、
私の拙いパフォーマンスをご清聴頂いた方、
私の著作をお買い上げ下さった方々に、御礼を申し上げます。

ダイニングバー「青いひみつきち」さんのサイトは、以下になります。
↓↓↓↓↓
http://www.aoihimitsukichi.com/

動く雲と動かない雲

2014/08/21(木) 09:08:30 [【13-14】※現在工事中です]

 中部地方から北陸へ駆け抜けた台風の影響で、関東平野にも強風が吹いている。
 空の低い所にある雲が、北へ向かって高速で流されていく。
 その上空には、動かない雲がある。

【オープンマイク】森の日朗読の会162に参加してきました【西荻窪】

2014/08/21(木) 08:38:29 [お知らせ・近況報告]

2014年8月20日、
西荻窪のライブスペース「奇聞屋」で開催されたオープンマイクイベント、
「森の日」朗読会162に参加してきました。

青条は、簡単な自己紹介の後、以下の作品を朗読しました。


「祈りとは」
「踊場の公衆電話」
「夏と愛と」
「接続詞」
「NTTの通風孔」


また、朗読の後、自著の告知をさせて頂きました。

主催者の方、
私の拙いパフォーマンスをご清聴頂いた方に、御礼を申し上げます。

会場の奇聞屋さんのサイトは、以下になります。
↓↓↓↓↓
ライブスペース奇聞屋

虎ノ門ヒルズ

2014/08/20(水) 13:32:00 [【13-14】※現在工事中です]

 銀座線虎ノ門駅構内の案内表示に従って、二番出口に向かって歩く。当然のことながら、すれ違うのはやはりワイシャツ姿のサラリーマンが多い。地上に出る。暑い。少し歩くと、虎ノ門ヒルズの鋭角な尖端が見えてくる。四角形ではないということ以外に、何の意味があるのだろう。建築家の幼稚な自己顕示欲を満たしたいためだけの形状ではないのか。軽薄な差異化の欲望だけが具現化した大型建築物にしか見えない。
 高層建築の下層階に少し変わった商業施設を設け、話題作りをして集客を行う都心再開発は、九〇年代後半からゼロ年代にかけて盛んに行われたと記憶している。誰もが知るそのモデルケースが、六本木ヒルズであり、丸ビルである。それらと比べると、この虎ノ門ヒルズの商業エリアは規模も小さく、地味な印象を受ける。この夏に公開されるドラえもんの新作映画の宣伝を、屋内の各所で行っている。予告編の映像も流されている。ドラえもんの体色を白くして黒い虎縞を描き、猫耳を付けた「トラのもん」なるキャラクターが、この虎ノ門ヒルズのマスコットキャラクターなのだそうだ。勿論、ゆるキャラなどではない。藤子プロ公認である。
 本物のドラえもんトラのもんの等身大人形が、二体仲良く並んでいる。これを見にきた。見た。特にどうということも無かった。



 この種の建築物に入っている飲食店は大抵割高だ。今回も例外ではない。その中で一番安そうな店を選び、大皿に主催や副菜が盛られたランチを食べる。やはり安くて飲みやすそうなトカイワインを一杯だけ頼む。 
 広いテーブルで食事をしていると、正面の席に座った二人組のOLの、年輩の方が社長の愚痴を言い始める。社長にはコミュニケーション能力が無いという。若い方の女は、でもそんな社長の相手が務まる先輩はスゴイですと応える。オフィス街の午後の、どこにでもある会話、どこにでもある風景。会話の端々にリチャードとかいう名前の、役員か幹部社員らしき人名が出てくる。外資系企業っぽい雰囲気がある。
 結局、このビルの中では、新しいものは何も見つからない。まあ別に、元々不動産屋に新しい文化を産み出す能力があるわけでもない。



 周囲を探索する。西新橋側には、結構個人住宅が残っている。
 新しく整備されたというその幹線道路を、溜池山王側に向かって歩く。途中で振り返ると、虎ノ門ヒルズの地下に吸い込まれる車道の姿が見える。今日この場所で見たものの中で、その構図だけが、新しいと言えば新しいと感じる。

【オープンマイク】第二十九回 千葉詩亭に参加してきました【千葉市】

2014/08/17(日) 12:09:34 [お知らせ・近況報告]

2014年8月16日、
千葉市内のブックカフェ「TREASURE RIVER book cafe」にて開催された,
第二十九回・千葉詩亭に参加してきました。

(この日の同イベントでは、尊敬する詩人、桑原滝弥さんが、
スペシャルゲストとしてパフォーマンスをされました。)

青条は、簡単な自己紹介の後、以下の作品を朗読しました。


「滅びない」
「踊場の公衆電話」
「夏と愛と」
「接続詞」
「ぬいぐるみであるかのようにビジネスバッグを」


また、朗読の後、自著の告知をさせて頂きました。

同店のオーナー、主催者のお二人、
私の拙いパフォーマンスをご清聴頂いた方、
私の著作をお買い上げ下さった方々に、御礼を申し上げます。
(からあげ丼美味しかったです。)


会場のTREASURE RIVER book cafeさんのサイトは、以下になります。
↓↓↓↓↓
TREASURE RIVER book cafe

主催者の一人、大島健夫さんの情報ブログです。
↓↓↓↓↓
http://blog.goo.ne.jp/islander-works

【オープンマイク】ミュージックパトラックに参加してきました【国分寺】

2014/08/16(土) 12:07:25 [詩文・俳文]

2014年8月15日、
国分寺のライブカフェ「ギー」にて開催されましたオープンマイクイベント
「ミュージックパトラック」に参加してきました。

2曲、あるいは2作品ずつの交代制とのことでしたので、
青条は、自身の出番ごとに、以下の作品を朗読しました。
(夏から順に、季節を巡ってみました。)


「夏と愛と」
「NTTの通風孔」

「雨降りだからブルースでも勉強しよう」
「猫より守宮」
「アートであることを止める」

「遥かに地軸の涯てま◇で氷らせ◇ ◇◇」
「鰐と冬雨」
「朝の電卓」

「桜弾幕」
「夏の夜桜」

また、余興として、私としては生まれて初めて、
ミュージシャンの方とのセッション、即興詩を試みました。
ギタリストのイケさんのテクニックに助けられました。

オーナーの方、
また私の拙いパフォーマンスをご清聴頂いた方々に、
御礼を申し上げます。


ライブカフェ・gieeのサイトは以下になります。
↓↓↓↓↓
http://giee.jp/top



【オープンマイク】egpp-nova#157に参加してきました【新大久保】

2014/08/16(土) 10:54:35 [お知らせ・近況報告]

2014年8月13日、
新大久保のライブバー「大久保水族館」にて開催されましたオープンマイクイベント
「egpp-nova#157」に参加してきました。


青条は自己紹介の後、
「祈りとは」
「トランシーバーと雀」
「夏と愛と」
「接続詞」
を朗読しました。


オーナー、オーガナイザーの方々、
また、私の拙い朗読をご清聴頂いた皆様、
私の著作をお買い上げ下さった方々に、御礼を申し上げます。


イベント会場、大久保水族館のサイトは以下になります。
↓↓↓↓↓↓
http://naks.biz/suizokukan/

ハイビスカスと何かと

2014/08/13(水) 09:02:06 [【13-14】※現在工事中です]

 (スタジオジブリの隣にある花屋から、同僚がハイビスカスの鉢を買ってきた。一鉢六百円で安かったのだと言う。南九州出身の彼にとっては子供の頃から身近な花で、見ていると落ち着くのだと言う。色は赤が良いのだそうだ。)



武蔵野の夏の西日に焦がされてハイビスカスは対峙している

スタンプラリーは夏の季語で良い

2014/08/13(水) 08:55:55 [【13-14】※現在工事中です]

その朝をスタンプラリーの台帳で煽いで子等の夏は始まる

超月に一人

2014/08/12(火) 13:01:07 [【13-14】※現在工事中です]

この「月が綺麗ですね」と婉曲に告げたい相手も居ない超月

豪雨に慣れる

2014/08/12(火) 12:59:40 [俳句]

突然に街射る豪雨に慣らされて

新宿駅南口における焼身自殺未遂

2014/08/12(火) 12:52:30 [【13-14】※現在工事中です]

 都心において騒擾や事件が起きる街としては、まずは渋谷秋葉原であろうとイメージしていた。次いで、チャイナ人が集住する池袋だろうと、想像していた。だから新宿南口の、甲州街道を跨ぐ歩道橋の上で、男性が焼身自殺を図ったニュースは意外であり、少し驚いた。
 昭和の時代、学生運動や左翼運動の全盛期においては、新宿の街はその主要な舞台の一つであったという。私が生まれる以前の話であり、知識として知っているだけだ。私が知る新宿は、既に単純な巨大商業施設の街であった。百貨店と家電量販店と大型書店とがそのビジネスを展開する、無属性で平和な巨大ターミナル駅であった。
 渋谷秋葉原は、そうではない。これらの街には、平成期以降、良くも悪くも文化的な意味性、記号性、イメージが付与され、またそれ故に世間の耳目を集めるような事件が起きることとなる。渋谷は近年衰退気味のようにも思えるが、それでもワールドカップの際に若者が集まって公共交通を遅滞させる程度のエネルギーは未だ保持している。秋葉原は、例の加藤の乱以降も発信力と影響力を拡大し続け、政治家達も無視出来ない街となっている。
 新宿南口における焼身自殺未遂騒動は、騒乱の街としての新宿の「復権」に繋がるだろうか? 政治的・文化的・思想的なムーブメントの発信源としての地位を、新宿が再び獲得することが、あるのだろうか? 
 事件現場の、その歩道橋を渡ってみる。痕跡のようなものは、特に何も発見できない。本当にここが現場かと思って、橋の南側の、真夏の真昼のペデストリアンデッキに直立していた茶色い制服の警備員に尋ねてみると、確かにそうだと教えてくれる。事件直後に東京西部を襲った、あの猛烈なゲリラ豪雨が、全てを洗い流してしまったのかも知れない。ただ暑いだけだ。自殺未遂者の六十代の男性のその後については、何も聞かない。

【昭島】「無頼庵・夏の詩朗読会」に参加してきました【朗読】

2014/08/04(月) 17:05:21 [お知らせ・近況報告]

2014年8月3日、
東京都下・昭島の「古本音楽ハウス無頼庵」にて開催されました
「夏の詩朗読会」(オーガーナイザー・奥主榮さん)に参加してきました。

青条は、夏っぽい作品(短歌・散文)を織り交ぜて、
『夏と愛と』より以下の作品を朗読しました。


「怒鳴り合いをする時も決して」
「夏と愛と」
「接続詞」
「NTTの通風孔」


オーナー、オーガナイザーの方々、
また当日私の拙い朗読をご清聴頂いた、
全ての方に、この場から感謝を申し上げます。

また、朗読会の後には同会場にて懇親会が開かれました。
(会費:1000円) 
美味しい家庭料理とお酒が食べきれないほど振舞われ、
すっかり満腹になりました。

古本音楽ハウス無頼庵、
オーナーのマスダさんのブログは、以下になります。

http://masdart.asablo.jp/blog/

【オープンマイク】tamatogi(第三期最終回)に参加してきました【渋谷】

2014/08/04(月) 15:05:06 [お知らせ・近況報告]

2014年8月2日、
渋谷円山町のバー「Space turbo Bar&Gallery」において開催された
オープンマイクイベント「tamatogi」最終回に参加して来ました。

同店の急な閉店に伴うこの最終回は、
エントリー数無制限、時間無制限という特別ルールで開催されました。

青条は、最終演者、つまり大トリを務めさせて頂きました。

(これは、主催者の桑原滝弥さんの、偉大なる温情判断だと思います。
私のパフォーマンスは、派手に人を引き付けるわけでも、
衝撃力があるわけでもありませんが、
このイベントに、最も足繁く通い続けた人間として、
最後の最後に、このような晴れ舞台を用意して下さったのだと思います。)

『夏と愛と』から、以下の作品を朗読しました。

「祈りとは」
「夏と愛と」
「接続詞」
「NTTの通風孔」


主催者、スタッフの皆様
「Space turbo Bar&Gallery」のオーナー、kenさん、
私の拙い朗読をご清聴下さった皆様、
そして、当日私の著書をお買い上げ下さった方に
この場から、御礼を申し上げます。


桑原滝弥さんのブログは以下のアドレスです。
↓↓

http://shijinrui.blogspot.jp/

潮騒の涯て

2014/08/02(土) 07:35:18 [短歌]

国権の発動としての戦争の出来ない島の潮騒の涯て

六月の結婚願望

2014/08/01(金) 23:13:02 [【13-14】※現在工事中です]

六月の島全体が大雨の夜に強まる結婚願望

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。