iより愛

2014/09/30(火) 22:09:41 [【13-14】※現在工事中です]

新しい
iPhoneよりも
新しい
愛を求めるべき
秋の人
スポンサーサイト

英数字という言葉が

2014/09/29(月) 23:39:51 [【13-14】※現在工事中です]

 英数字という言葉が好きではない。
 英数字とは、英語圏において表記文字として用いられるアルファベット及び、アラビア数字を包括する概念だ。アラビア数字とは、要するに現在社会において日常使われている0から9のことだ。
 英数字という呼称は、アラビア数字が、恰も英語圏に起源を持つかのように誤解させる可能性がある。少なくとも、誤解を招く可能性がある。
 英数字は、「イギリス数字」のことではないと、正当に周知する必要があるだろう。
 アラビア数字の起源はインドである。

月雨

2014/09/26(金) 23:51:46 [短歌]

曇という文字はあるのに月雨という字はどうして無いのだろうか?

【オープンマイク】OpenMic/wonder-words、Vol.20に参加して来ました【神楽坂】

2014/09/26(金) 01:11:06 [お知らせ・近況報告]

神楽坂のカフェ、キイトス茶房さんにて、
2014.9.21に開催されたオープンマイクイベント、
OpenMic/wonder-words、Vol.20に参加して来ました。

青条は、『夏と愛と』より、
「空気如きを読むぐらいなら」
「夢追う北風」
「ナトリウム灯」
「青の悟り」
「脊椎雲」を朗読しました。

今回は二周目があったので、
旧著『ちぃばす麻布ルート』より
「国際通り沿いの浅草のファミレスにて」を読んできました。

主催者の方々(rabbitfighterさん/しえろ文威さん)、
私の未熟な朗読を聴いて下さった皆様、
当日私の著作をお買い上げ下さった方に御礼を申し上げます。

OpenMic/wonder-wordsのブログ
http://wonderwords.seesaa.net/

キイトス茶房さんのサイト
http://kiitosryo.blog46.fc2.com/

ナイフのような孤独

2014/09/23(火) 00:42:15 [【13-14】※現在工事中です]

背後から満月を刺殺できそうなナイフのような私の孤独

【オープンマイク】Voice Circusに参加してきました【江古田・中庭ノ空】

2014/09/22(月) 01:33:51 [お知らせ・近況報告]

2014年9月20日16時より
江古田のカフェ『中庭ノ空』において開催されたオープンマイクイベント
「Voice Circus」(主催:norikoさん)に参加してきました。

青条は自己紹介及び自著の紹介の後、
『夏と愛と』より以下の作品を朗読しました。

「空気如きを読むぐらいなら」
「夢追う北風」
「雨降りだからブルースでも勉強しよう」
「猫より守宮」
「アートであることを辞める」
「青の悟り」



次回の「Voice Circus」は11月2日、
中庭ノ空で開催されるとのことです。
(今回までとは時間帯が異なります。
主催者ブログなどでご確認下さい。)


主催のnorikoさん、
中庭ノ空の五十嵐さん、
私の拙い作品をご清聴下さった皆様に
この場から御礼を申し上げます。


Voice Circusの公式ブログ
http://voicecircus.seesaa.net/


中庭ノ空
http://nakaniwanosora.web.fc2.com/

蛇落地悪谷

2014/09/21(日) 13:51:26 [【13-14】※現在工事中です]

土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂
砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土砂土
                  土砂土
                  砂土砂
                  岩土岩
                  土岩土
                  土■土
     生           ■土■
                  土死土      生
                  岩■岩
           生     ■死岩
                  岩土砂           生
                  死■岩
                   

【オープンマイク】森の日朗読会163に参加してきました【西荻窪】

2014/09/19(金) 22:52:44 [お知らせ・近況報告]

2014年9月17日、
西荻窪のライブスペース「奇聞屋」で開催されたオープンマイクイベント、
「森の日」朗読会163に参加してきました。

青条は、簡単な自己紹介の後、
自著『夏と愛と』より以下の作品を朗読しました。


「空気如きを読むぐらいなら」
「夢追う北風」
「雨降りだからブルースでも勉強しよう」
「猫より守宮」
「アートであることを辞める」

また、朗読の後、自著の告知をさせて頂きました。

主催者の方、
私の拙いパフォーマンスをご清聴頂いた皆様、
また当日私の著作をお買い上げ下さった方々に、御礼を申し上げます。

会場の奇聞屋さんのサイトは、以下になります。
↓↓↓↓↓
ライブスペース奇聞屋
http://www.kibunya.jp/index.html

白人という利益集団に属しているからだ

2014/09/19(金) 22:42:25 [エッセイ]

 全ての人類は、猿の子孫である。その中でも、霊長類の子孫である。
 そのことから導かれる遺伝子的な必然として、全ての人間は、巨大な集団に所属したがる。そしてその巨大な集団の力を傘に着て権力を誇示し、弱者を虐げ、自己の欲望を達成することを望む。
 人種・性別・国籍を問わず、全ての人間がそうである。例外はない。
 例えば、韓国人の見せる珍妙で醜悪なナショナリズムも、日本人に見られる愚劣極まりない社畜精神主義も、その一例である。
 欧米白人も、この点においては、全く同じである。何の違いもない。
 ただ、欧米白人は、個々の国家や企業体に所属することで、その権力欲を満たしているわけではない。
 彼らは「白人」という巨大なカテゴリーに属することによって、彼らの権力権利権益を保持し、また自らの欲の拡大を図るのである。そうして「白人」という組織体の内部においては、自由や博愛や愛や平等を形式的に実現し、精神的に高踏な存在としての自己を、演出し宣伝するのだ。

カービィのぬいぐるみ

2014/09/16(火) 16:37:08 [短歌]

カービィのぬいぐるみを欲しがることもためらうほどの汚部屋に沈む

【オープンマイク】「10min show」に参加してきました【南池袋】

2014/09/15(月) 21:51:17 [お知らせ・近況報告]

2014年9月14日、
池袋のライビングバー「FI5VE」にて開催されたオープンマイク
「10min show」に参加してきました。
青条は自己紹介の後、
自著『夏と愛と』より、以下の作品を朗読してきました。

「空気如きを読むぐらいなら」
「夢追う北風」
「雨降りだからブルースでも勉強しよう」
「猫より守宮」
「アートであることを辞める」
「青の悟り」


オーナー、オーガナイザーの方々、
また当日私の拙い朗読をご清聴頂いた、
全ての方に、この場から感謝を申し上げます。

また、オープンマイクイベントの後には、
鍋パーティーが開催されました。
エノキ、椎茸、そして松茸がふんだんに入ったすき焼きを食べて来ました。


Living Bar FI5VEさんのサイトは、以下になります。
↓↓↓↓↓
http://fi5ve.com/

ネットカフェの涙

2014/09/14(日) 20:34:33 [詩文・俳文]

夏の終わりの午前零時にネットカフェのマットレスを濡らした涙に深い意味は無い。

【オープンマイク】「ラバーソウル」のオープンマイクに参加してきました【国分寺】

2014/09/14(日) 00:15:12 [お知らせ・近況報告]

2014年9月13日、
国分寺のライブバー「ラバーソウル」にて開催された
オープンマイクイベントに参加してきました。


青条は自著『夏と愛と』から、
「空気如きを読むぐらいなら」
「夢追う北風」
「雨降りだからブルースでも勉強しよう」
「猫より守宮」
「アートであることを辞める」
「青の悟り」
を朗読しました。


同店のオーナー、
また、私の拙い朗読をご清聴頂いた皆様に、
御礼を申し上げます。


イベント会場、ライブバー・ラバーソウルのサイトは以下になります。
↓↓↓↓↓↓
http://www.rubber-soul.jp/

【オープンマイク】「チェインギャング」のオープンマイクに参加してきました【吉祥寺】

2014/09/13(土) 23:28:43 [お知らせ・近況報告]

2014年9月12日、
吉祥寺のミュージックバー「チェインギャング (CHAIN GANG)」
にて行われたオープンマイクに、参加してきました。

青条は『夏と愛と』より、以下の作品を朗読してきました。

「ぬいぐるみであるかのようにビジネスバッグを」
「空気如きを読むぐらいなら」
「長野から来た善人」
「夢追う北風」
「雨降りだからブルースでも勉強しよう」

この日は二周目があったので、以下の作品を朗読しました。

「猫より守宮」
「アートであることを辞める」
「青の悟り」
「脊椎雲」

パフォーマンスの後、自著の告知をして来ました。

主催者の待良さん、同店のオーナー、
私の拙いパフォーマンスをご清聴頂いた方々に御礼を申し上げます。

ミュージックバー・チェインギャングさんのサイトは、以下になります。
↓↓↓↓↓
http://chaingang.info/

オープンマイクの主催者・待良(たいら)さんのブログはこちらです。
↓↓↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/jemeus7/

名も知らぬ

2014/09/12(金) 14:55:48 [短歌]

君の気を惹く
花の名も
星の名も
ミュージシャンの名も
知らない。

新月。

【オープンマイク】egpp-nova#158に参加してきました【新大久保】

2014/09/11(木) 23:13:36 [お知らせ・近況報告]

2014年9月10日、
新大久保のライブバー「大久保水族館」にて開催された
オープンマイクイベント「egpp-nova#158」に参加してきました。


青条は自著『夏と愛と』から、
「空気如きを読むぐらいなら」
「夢追う北風」
「雨降りだからブルースでも勉強しよう」
「猫より守宮」
「アートであることを辞める」
「青の悟り」
を朗読しました。


オーナー、オーガナイザーの方々、
また、私の拙い朗読をご清聴頂いた皆様に、
御礼を申し上げます。


イベント会場、大久保水族館のサイトは以下になります。
↓↓↓↓↓↓
http://naks.biz/suizokukan/

橋の記憶

2014/09/10(水) 13:30:49 [【13-14】※現在工事中です]

 人の少ない平日の午後のフードコートで昼寝をしていたが、空のテーブルを三卓隔てた座席から突然にビッグブリッヂの死闘が流れてきたので目が覚めた。二人組の高校生が見ているスマホから放たれているようだ。新学期に入ってまだ日も経っておらず、学校も午前中しかないため、こんな時間からこんな場所で暇潰しをしていることは推測できたが、何故この曲なのか? FFⅤのリメイクがスマートフォンで出ているとは、聞いたことがないぞ。
 どこかの動画サイトから拾ってきた画像でも見ているのかと思ったが、彼らの会話を聞くとそうではなかった。何かの管楽器で演奏されているその曲に対して、ここはまだタンギングが甘いなどと親しげに論評を加えている。スマホの動画上の奏者は、どうやら彼らの個人的な友人のようだ。おそらくは、彼らも演奏者も、同じ学校の吹奏学部あたりに所属しているのであろう。
 それにしても、私のような素人からすると、充分に立派な演奏のようにも思えるが。
 襲いかかる空飛ぶ猫や古代の戦車を退けつつ、私がその橋を渡ったのは、ちょうど彼らぐらいの年齢の時だった。オレンジ色の戦衣を身にまとい薙刀を携えたあの饒舌な大男と、その長い橋の中央において、高校生の僕達は闘ったのであった。その時代において、まだこの世界に存在すらしていない少年達が、ごく自然にこの曲を演奏し、話題にしている。歳月を経て、この曲もある種の「古典」として扱われるようになったということだろう。秋はまだ始まったばかりだ。自分がかつて生きていた時代が、歴史の一部になっている風景を目撃して、少しだけ感慨に沈んだ。

【オープンマイク】ライブハウス「welcomeback」のオープンマイクに参加してきました【大塚】

2014/09/06(土) 23:11:27 [お知らせ・近況報告]

2014年9月4日、
大塚のライブハウス「Welcomeback」で行われたオープンマイクに、
参加してきました。

青条は『夏と愛と』より、以下の作品を朗読してきました。

「空気如きを読むぐらいなら」
「雨降りだからブルースでも勉強しよう」
「猫より守宮」
「アートであることを辞める」

また、この日は二周目があったので

「夏と愛と」を読んできました。

青条はパフォーマンスの後、自著の告知をして来ました。

同店のオーナー、
私の拙いパフォーマンスをご清聴頂いた方、
当日私の著作をお買い上げ下さった方々に、御礼を申し上げます。

ライブハウス・welcomebackさんのサイトは、以下になります。
↓↓↓↓↓
http://www.welcomeback.jp/

終わるべきではない

2014/09/03(水) 23:15:48 [【13-14】※現在工事中です]

夏、終わるべきではない。
まだ時を待つハイビスカスの蕾が在るなら

カナブンと缶バッジ

2014/09/02(火) 22:14:04 [【13-14】※現在工事中です]

 この夏の地域新興イベントの景品として、職場の窓口で缶バッジを配布している。
 ある朝出勤すると、透明のアクリルの直方体の容器に積まれた缶バッジの中を、一匹のカナブンが遊泳している。
 友達がたくさん居ると思い込んで飛び込んで来たのだろうか?
 金属としては強靭ではない材質によって大量生産された缶バッジの表面と、飛翔翼と装甲とを兼ねた緑色の甲虫の背面とが、八月も半ばを過ぎた夏の光をそれぞれに反射して、それぞれに輝いている。



一本の針持つ無機物
一本も角持たぬ虫の
共通言語

| HOME |