東小金井高架下のオンリーフリーペーパー

2015/01/12(月) 00:02:32 [詩文・俳文]

 中央線三鷹以西の高架化事業が完了し、高架線路に沿った新しい車道と遊歩道が長く一直線に整備されつつある。またそれに伴い、高架下のスペースには種種の商業施設が誘致され、開業し始めている。従来の中央線高架下のイメージを変革したいという意志なのだろうか、高級スーパー、保育園、黄緑色のシェアサイクル(レンタサイクルの進化した形態)等が今までに開設されている。
 東小金井駅の東側のブロックのオープニングイベント当日には、いかにも上級役人といった佇まいの、JR東日本の孫会社の社員達が、オレンジの腕章を着用したスーツ姿で周囲を巡回している。オシャレ系のカフェやアウトドアショップ、ベンチャー起業家のためのレンタルスペースなどが新規に営業を開始したその一隅に、「オンリーフリーペーパー」の姿を発見した。様々なジャンルのフリーペーパーを収集、配布する、一種のサブカルチャースペースである。最初は裏原宿、渋谷東側と原宿の間の、若者文化が盛んな場所に開業し、しばらくしてから渋谷のパルコ内に移転したが、この地において三度遭遇することとなった。
 JR系列の開発業者が仕切る高架下のに、どのような政治力があって潜り込んだものなのか、私には良くわからない。
 フリーペーパーとは言っても、この東小金井の店内には、ゼロ年代サブカルチャーの雰囲気は余り感じられない。店の中央に平積みにされているフリペの過半は、行政、地方自治体や企業の広報物である。そのことに違和感を感じないこともないが、それが悪いとも言えない。その種の配布文書は、手に取ると紙も印刷も良質で、費用をかけて作られたものであることがすぐにわかる。レイアウトもタイポグラフィも明るく読みやすく洗練されていて、読み物としてもフツーに面白い。
 「ののわ」(この地域一帯の高架下スペースを開発している、JR東日本の孫会社の広報物)のバックナンバーを、創刊号から全て入手する。これだけを一度に入手出来るのは滅多にない機会ですよと、その場にたまたま居た編集プロダクションの人が言う。
 一方、書棚にはいわゆる昔ながらの、個人発行のフリーペーパーも詰め込まれている。しばらくその中を調べる。知人の、古い創作物なども発見する。懐かしい。知人の中には、今でも健在で創作活動を続けている者もいれば、行方不明になってしまった者もいる。ある種のタイムカプセルのようであり、歳月の流れを感じしばし佇んでしまう。
 そしてまた、この地も中央線文化圏の一部、その延長線上に存在していることを再確認する。快速が停まらない、三線二ホームのこの小さな駅も、中野高円寺や吉祥寺から、確かに、一直線上に、存在している。
 高架線路に沿ってどこまでも、三鷹から国分寺まで一直線に続くはずの新しい遊歩道はしかし、一度完全に切断されている。東小金井武蔵境の間には、JR東日本の変電所が要塞のように蟠居しているからだ。遊歩道接続用の、土地の取得は大分以前に完了しているようだが、いつまでも工事は開始ないままオレンジのフェンスによって封鎖されたままだ。
 だから人は、一度北側に迂回して、スタジオジブリ正面の道を右折して、住宅地と団地の一角を通過しなければならない。



注:入手した「ののわ」創刊号から全ての号は、後日高円寺・みじんこ洞に寄贈した。
スポンサーサイト

| HOME |