スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷川雁「リレー通信」より

2010/10/31(日) 22:27:36 [引用▼日本]

 

また両親の老いを観察して私が気づいたことの一つに、六十を超えたある時期から、書く字が急に小さくなったということがあります。なにか自信を失って、生きていることをしきりに恐縮している感じでした。まあ自分も似たような心境になることもあるわけですが、だからと言って小さい字を書くこともあるまい。眼も悪くなるついでに、字の萎縮だけは避けて大きな字を保とう。じつは私の字が大きいのは、書の下手をかくそうという魂胆の結果なのですが、それとは別の意味の忠告を子と孫に残しておこうかなと思ったりしています。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。