スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の日の山手線

2011/02/16(水) 23:49:54 [【10-11】福島の向日葵に捧げる歌]

 予報通りに降っている雪を山手線の車窓から眺めていたら、東武特急スペーシアが追い抜いていったので、ああ、日光のあたりはもっと寒いのだろうなと反射的に思った。
 こんなに人が居ないのは初めてだと、原宿付近で女子高生らしき女の子が話していたので、おそらくは竹下通りのことだろうと振り返って見ようとしたが既に通り過ぎていた。

 隣席の中年女性が渋谷で降車する時に、もう古くなったからあげると言って、女性物の皮の手袋を突然私の膝の上に置いて行った。こっちが何かを言う前に、既にその姿を見失ってしまった。手袋は私の手にはややきつく、確かに少し痛んではいたが、まだ実用に充分耐えるものだった。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。