スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

串田孫一「雲の母体」11

2011/06/10(金) 00:28:23 [引用▼日本]

 

自然の見せる色彩とその組合せのすべてをいつも同じように素直に受け入れることは必ずしも賢くない。咄嗟に湧き上がる感嘆にも、うっかり信じられない虚偽が喰い込んでいるかも知れない。
 この秋に私は何か気が付いたことがあったか。木々の葉の彩の変化を、固定されたままの古い文章形態によって眺めていたのではないか。
 もう一度、自然と向かい合うためにために寧ろ空虚な心を用意しなければならない。色ばかりでなく明暗や動きや、更に微かな音をも逃さずに、容易な自分の感動をおさえ、警戒しながら待つことにしよう。そうすればこの季節の美の真意が伝わって来る筈である。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。