スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐山光三郎『桃仙人 小説深沢七郎』より

2011/08/03(水) 02:33:00 [引用▼日本]

……
 オヤカタは、農場の奥のタンポポを指さして大声をあげた。
「タンポポが何を考えてるかわかるかねえ。タンポポは、この世の中が全部タンポポになりゃいいと思っているだよお。そんなもんだよ。タンポポもスミレもレンゲもみーんな同じこと考えてるじゃねえの。タンポポの花がきれいだと思っちゃいけないやね」
 ゾウリをはいて、庭を歩き廻り、目についたタンポポをむしりとった。


桃仙人 小説 深沢七郎 (ランダムハウス講談社文庫)桃仙人 小説 深沢七郎 (ランダムハウス講談社文庫)
(2008/11/10)
嵐山 光三郎

商品詳細を見る

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。