スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白楽天「月夜 閣に登りて暑を避く」より

2011/11/16(水) 04:52:48 [漢詩漢文の勉強]


旱久しくして炎気甚だし
人に中りて燔焼するが如し
清風 隠れて何処ぞ
草樹 動揺すらせず
何を以て暑気を避けん
塵囂を出に如くは無し
行き行く 都門の外
仏閣 正に苕嶢たり



燔焼:火で焼く
塵囂:じんごう。世間の喧騒
苕嶢:ちょうぎょう。高く聳え立つ様子。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。