スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都高渋谷線上り用賀PA

2011/12/08(木) 02:43:21 [【11-12】夏と愛と]

 高速バスの降車場と若干の駐車スペースとがあるだけのこの狭小なパーキングエリアには、トイレと自動販売機と交通情報を伝える電光掲示板が入った小さなビル以外には何も無い。常駐のスタッフもおらず、ただ掃除のおばさんが作業をしているだけだ。ドライバーが出入りするのは四階で、休憩スペースは三階。一階は東急田園都市線の用賀駅に接続しているので、首都高都心部の渋滞を回避したい長距離バスの客はここで降車してそのまま鉄道を利用出来る。この異種間乗り換えサービスはつい最近始まったものだという。



 夕方になると、狭い敷地の狭い植樹スペースに、驚くほど大量のセキレイが蝟集する。ねぐらになっているのだろう。セキレイは、駐車場のような開けた舗装面とは相性が良い鳥であるとは知っていたが……。蝙蝠のように無節操に飛び回る。鳴き声も振舞も下品なことこの上無い。郊外駅の周辺でしばしば見かける椋鳥達と同レベルの暑苦しさだ。幻滅である。人がばら撒いた餌にすぐに飛びつく雀などの群からは少し距離をおいて、一人静かに歩いている上品な細身の鳥というイメージが消失してしまった。



セキレイの加速するほど落日の速度も早まる気がして晩秋
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。