スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

串田孫一「山の博物手帖」より2

2012/02/07(火) 22:57:28 [引用▼日本]

 

権威のある学者の本というものは、当然信用されていいのではあるが、実際の「物」と、書かれている事柄とをつき合わせる時には、自然の中に存在する「物」が実物であることをしばしば忘れ、書かれた事柄が正しくて、自然の方が誤りだという単純な錯覚に陥る。この花はどうもおかしい。この昆虫はできそこないだろう。そういう判断が下される。
……
 自然界のうちには畸形も生まれるし、新種発見もあるが、そう無闇にはあるわけがない。それならば、本と実際とはどうして違っていたのか。
 自然の勉強はここからはじまる。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。