スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝島の床屋兼古本屋

2012/05/01(火) 22:05:08 [【11-12】夏と愛と]

 青梅線五日市線八高線のJR三路線と西武拝島線の結節点である拝島駅は、エキナカにはさすがにそれなりの飲食施設が存在するが、駅の外に一歩足を踏み出すとファストフード店の姿すら無く、ファミリーマート二階のやや広いイートインだけがかろうじて軽食・待機スペースを提供してくれている。関東山地が奥に控える西方に進むと直ぐに福生市に入り、多摩川を超えるとあきる野市となる。土色と緑色が混ざった山塊の最奥に、ただ一者純白の山嶺が見えるが、あれは一体何という山だろう。西武拝島線の車窓から望んだ時から、ずっと気になっている。
 福生側を走る幹線道路沿いに、床屋がある。昔ながらの棒状二重螺旋ディスプレイが店頭で回転している、本当に昭和の風景そのままの床屋だ。ヘアサロンではなくバーバー。それはそれで別に良いのだが、その店頭に、何故だか唐突に書棚が設置され、古書が陳列されている。掲示によると、二冊百円で販売しているという。欲しいモノがあったら床屋のオヤジを呼びだして金を払えという。
 そう言えば、拝島の駅前には、古書店らしき店は一軒も見ない。昔ながらの古本屋も、ブックオフのような新古書店も、この地域には全く存在していないようだ。そんな荒涼とした、文化果つる地において、新しい商業の可能性というか、文化の萌芽というか、そういうものが立ちあがろうとする、ここは一つの現場であり瞬間であるのかも知れない。
 朝一番に、軍用の輸送機らしい機体が二機、低空飛行で付近の空を周回していった。全面が、空色に近い灰色であった。イラク戦争の際に、対空攻撃を恐れた自衛隊機が、そのような色に塗り替えられたという報道を聞いた記憶があるが、もしかしたらその機体かもしれないなと勝手に推測した。二機は西の山地側に回って、下方向に黒い霧のようなものを吐き出して北の方へ去って行った。
 そうして空には、何も無くなった。
 雲すらも無い。
 ただ風だけが強く、春なのにとても冷たい。



鴉さえ辛そうに飛ぶ冷たさの春風だけの空を仰いだ



 美しい純白のあの山について、ツイッターで情報提供を呼びかけてみたが、誰も教えてくれない。
 夕方になって、床屋のオヤジが幟をセットし直しに出て来る。端から千切れてボロボロになっている。この辺り一帯は風の通り道になっているので、強風ですぐにこうなってしまうのだと言う。  
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。