スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すぎ丸となみすけの噂

2012/06/19(火) 21:51:45 [【11-12】夏と愛と]

 杉並区のイメージキャラクターとして元々存在していたのは「すぎ丸」で、それはマンガ家のみうらじゅんを始祖(いいだしっぺ)とするいわゆる一連の「ゆるキャラ」ブームよりもかなり以前から喧伝されていたはずで、自分が小学生の頃には区が発行する社会科の副読本にも登場していたのだが、何時の間にか後発の「なみすけ」に淘汰され完全にその座を奪われてしまった。「すぎ丸」の姿は今はマンホールの蓋ぐらいでしか見かけない。その名はわずかに、コミュニティバスの愛称としてのみ杉並の街に残されている。
 高円寺の酒場で、私より一回り若い青年にそんなことを教えられたので、「それって、セガのキャラクター史における、アレックスキッドソニックの関係みたいなもんですね。」と自分なりのパラフレーズで応答したが、世代的にその喩は彼には全く通じなかった。その場に同席していた、私より二回りぐらい年上の、リアルウルトラ怪獣世代の小太りの男性にも、当然わからなかった。最後の一人、私と同世代の男性もやはりわからない様子だったので、「まあ、あなたは若い頃海外生活してたから……」と何とか取り繕おうとすると、「いや、それは別に関係ないと思うよ」と淡々とこの話題自体をシャットダウンされた。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。