スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『井上靖全詩集』より「沙漠の街」

2012/09/13(木) 19:34:37 [引用▼日本]

かつて何かの書物で読んだように、汝は地上に於ける神の影だと、その征服者の墓石には刻まれてあった。沙漠の国に来てみると、この言葉はさして大袈裟にも、気障にも響かない。これが賛辞であるかさえも甚だ怪しいものだ。忌憚なく言うなら、恐らくこれは呪言だろう。沙漠の征服者はこの言葉によって、いまも眠り続けているのである。征服者ばかりでなく、この街も亦それから自由にはなっていない。雑多な人種がわめきちらしているバザアルの騒擾の中に立てば、それがよく判る。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。