スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『井上靖全詩集』より「アム・ダリヤ」

2012/09/15(土) 21:55:23 [引用▼日本]

パミールのワハン渓谷の五つの水を集めて流れてきたアム・ダリヤはこの辺りではパンジュアウ(五つの水)と呼ばれている。私の立っているクンドウス河の流入する地点では、どうやらパンジュアウではなくて、アム・ダリヤの方らしい。私は五年前にアム・ダリヤの下流と、それがアラル海に収められる最後の姿を見ている。アム・ダリヤの頭と尻尾を、私は知っているのだ。対岸はソ連、低い丘に監視所の建物が見えている。パンジュアウがいつどこでアム・ダリヤになるか、それを監視しているのだ。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。