スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷ヒカリエ

2012/11/30(金) 16:49:52 [【11-12】夏と愛と]

 谷という文字が冠されている通り、渋谷の地形は渋谷川によって削られた谷である。渋谷川の真上、つまり渋谷の谷底には東急東横線とJRの渋谷駅が直立し、東西の上り坂に向かって多数の橋を張り巡らせている。池袋や新宿などの他の副都心には見られないあの歩道橋網こそが、渋谷の最も渋谷的な景観、渋谷という空間の地理的な特質を明示している。
 渋谷駅東口の新しい複合商業ビル、渋谷ヒカリエに向かうには、地上からだとずいぶん遠回りになる。工事中のバスターミナルが経路を阻んでいるからだ。地下鉄駅ならば、地下通路で繋がっているのだが、東急東横から渡されている連絡通路を歩くのが、やはり最も標準的な経路だろう。もちろん、この連絡通路も渋谷という谷に架けられた橋の一本であり、この街が峡谷であることの証佐の一つである。(付言すれば、駅の反対側において同じ役割をしているのが、マークシティへの連絡通路である。)
 ヒカリエビルは、渋谷という谷の東側の斜面に不安定に積み上げられた積木のように見える。東京の他の再開発高層ビルと同じように、低層階に商業施設やレジャーやアートの施設、上層がオフィススペースとなっている。丸ビルや新丸ビルのようないわゆる「位牌型」でないところだけが、新しい。
 現代の建築家、建築界にはもう生産的なアイデアが決定的に枯渇しているのではないか? このような、奇を衒ったキマイラ的なデザインに逃避するぐらいのことしか出来ないのではないかと思料する。そしてそんな奇妙なアイデアを、現実の建築物として具現化しうる技術力だけは、日本の大手ゼネコンは高い水準で持ち合わせている。それが幸福なことなのか不幸なことなのか、私にはわからない。
 駅側からこのビルの二階に入る。建物の中をそのまま進む。青山六本木側から出る時は一階になっている。
 このビルは、渋谷駅へ入線している地上高架を走る銀座線をほぼ真上から観覧出来る、絶好のトレインビュースポットとなっている。ほぼ全面ガラス張りなので、非常に視界が良い。それがこのビルの最大の存在価値である。夕暮れから夜にかけてしばらく眺めていたが、シルバーの車体にオレンジのラインの、いわゆる普通のメトロ車両ばかりで、最近導入されたという全身オレンジの新型車両を見かけることは残念ながらなかった。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。