スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菓子は娯楽品である

2013/01/05(土) 00:43:17 [【12-13】オレンジをアップデート]

 菓子は生活必需品ではない。所詮嗜好品である。それを食べる以前に、それを買うことが既に一つの娯楽であり、その多種多様なパッケージを店頭で眺めたり比べたりひっくり返して裏側の能書きを読むところからその楽しみは始まっている。しかしながら昨今のスーパーやコンビニは、自社の流通の都合を優先してプライベートブランド(PB)ばかり揃えて、多くの菓子からその娯楽性を削ぎ落としてしまった。PBの菓子袋は無機質で素っ気なくて遊び心が無く、侘しい。ドラッグストアの菓子棚はまだマシだったが、やはり少し前からPBに走ってしまっているようである。
 近年「おかしのまちおか」がどの街にも増殖しているのは、そんなお菓子の「娯楽性」をそれなりに尊重しているからだ。その利益やビジネスとしての効率を、客の方は別に知らないだろうし、特に気にしてもいないだろう。人々はただ、PBではない普通の菓子袋が店内全面に並べられた空間の華やかさと賑やかさとが、常に堅実に準備されている小さな店の場所を知っているだけだ。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。