スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『井月句集』より3

2013/03/09(土) 21:12:44 [引用▼日本]

(招魂社)
鶯やその俤の声きかむ

花散るや鯛は好みの潮かげん

まだ咲かぬ花を噂やきのふけふ

数ならぬ身も招かれて花の宿

朝酒に夢判断や花の宿



招魂社は現在の靖国神社のこと。

数ならぬ身:とるに足らない身。
「数ならぬ身をも心の持ちがほに浮かれては又かへり来にけり」『新古今和歌集』

「夢判断」の語はこの句が初出?
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。