スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草から映画館が消滅したという情報

2013/03/15(金) 15:17:28 [【12-13】オレンジをアップデート]

 つくばエクスプレス浅草駅は、従来の、地下鉄銀座線浅草線や東武伊勢崎線のいわゆる浅草駅とはかなり離れた場所にある。既存路線の浅草駅が隅田川沿い、雷門やデパートの松屋近辺に位置しているのに対し、つくば線の新しい浅草駅は浅草六区の西側、国際通りの近くに作られている。名称だけは同じだが、全く別の駅である。
 その浅草の繁華街から映画館が完全に消滅してしまったことは、ただのニュースの一つとして知った。しばらく経って、そのことを非常に残念がる人と同席した時に、映画館の消滅とつくばエクスプレスの開通とは関連があるのではと聞いてみた。特にそんなことは無いという返答が、墨東在住の映画マニアのその男性からは返ってきた。
 銀座線伊勢崎線にとっては浅草は始発駅であるが、つくばエクスプレスにとっての浅草はただの途中駅である。日本で最初に映画館が出来たかつての歓楽街の、まさにその真下を、この新興の郊外鉄道は足早に後にしてただ秋葉原へと急ぐ。途中で上野辺りに寄り道することも全く無い。
 私は浅草で映画を見たことがない。特に見ようとも思わなかった。大衆演劇ストリップもまた、見たことがない。(ストリップ自体そもそも見たことがない。)無くならないうちに、一度ぐらいは見ておいた方が良いものかどうか、考えたこともない。私にとっての浅草は何よりも、大正生まれの祖父に連れられて行った老舗の天麩羅屋「大黒屋」の街なのである。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。