スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東中野のアトレシティ

2013/04/29(月) 23:32:44 [【12-13】オレンジをアップデート]

 東中野駅に新しく完成した駅ビルを見て、またしてもアトレかよと思わざるを得ない。都心のオシャレ商業地である恵比寿もアトレ、老人の街巣鴨にもアトレ、埋立地の新興住宅地新浦安にもアトレ、下町の繁華街亀戸にもアトレ……。ここ数年、所用で訪れる街において、かなりの頻度でアトレの姿を目撃してきた。既視感そのものしか無い。二〇一〇年代の日本の首都圏において、商業という分野は、人々に新しい発見や驚きを提供する能力をそもそも失っているのかも知れない。
 二階には成城石井がある。これも見飽きた。その隣にある、よくあるベーカリー併設のカフェで、チーズの入ったパンを食べ、葡萄ジュースを飲む。中野・三鷹方面に向かって大きく開いた窓から、山手通りの下をくぐる中央線の切通しを眺めていると、黄色やオレンジの車両が頻繁に行き交うのに混じって、時折派手なデザインの特急車両が走って行く。
 その眺望だけは、悪くない。
 直下にはまだ工事中のスペースがあるが、いずれバスロータリーでも出来るのだろうか?
 店内はオバチャンで賑わっている。凡俗な空間のその凡俗性を増幅させる強調記号としての。
 この建物には立ち食い蕎麦屋など無い。うどん屋も無い。
 大久保からのカーブを経て、ここ東中野から始まる長い直線は立川まで続いている。そして立川にもまたアトレが待っている。
 三階の書店にもやはり店内に喫茶店が併設されていることを後になって発見する。眺望はこっちの方が良かったかも知れない。
 


新しいビルのどこにも
新しいものなど見えない事実について



 駅北口の富士そばは健在だ。
 かつてサミットがあった場所は工事中だ。超高層マンションを建設中で、その下層階に改めて開店するのだと言う。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。