スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのネズミ!

2013/05/07(火) 20:35:20 [【12-13】オレンジをアップデート]

 福島第一原発の電気回路にネズミが潜り込んで、冷却機能が一時的に喪失する事故があった。
 テレビには臨時ニュースのテロップも流され、幸い大事には至らなかったが、かなり危機的な状況であったと伝えられた。
 当然ながら、作業現場の管理体制が、改めて問題視されることとなった。

 この小事故は、何だか子供が読む童話や、寓話のようなエピソードのようにも思える。
 極めて無能で低劣で愚鈍な官僚組織とインフラ独占企業とに対し、しかるべき責任追及も行わず、罰も与えずその存続を許してしまった結果、偶然紛れ込んだ一匹の悪意なきネズミによって、かつては世界第二位の経済大国と言われたその国はある日あっけなく滅亡してしまう。そんな、言ってしまえば陳腐な教訓話が、現実化する寸前であったとも言える。
 逆に言えば、幼稚園や小学校低学年レベルの教訓話を、もう一度、官僚と東電幹部と、そして日本国民には聞かせる必要があるということかもしれない。現代の日本人は、残念ながら、社会構成能力において、所詮その程度の存在に過ぎないのだから。
 
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。