スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿魚

2013/07/02(火) 13:34:40 [詩文・俳文]

 人魚は居るが、猿魚は居ない。
 人魚・半漁人・ウンディーネ・河童……。名称は何でも良いのだが、人間の生活圏に存在する水系・水資源を擬人化し表象するイメージとして、彼/彼女達は創造された。いずれも水棲生物と人間との合成種であり、身体の基本構造は人間の形状をしているが、あるものは下半身が、またあるものは手足の一部が魚類のものとなっている。
 しかし人間は、本来は猿から進化したもの、の筈である。
 そうである以上は、猿魚が居ても、おかしくはない。
 しかしながら、管見する所、どの文化圏の民俗世界もそのような生物を想像しえない。何故ならば、当然のことではあるが、人間の世界認識は人間を中心に構成されているからである。
 現代のキャタクターデザイナーも、今のところ猿魚なるものを発想していないようである。
 誰か創ってみても良いのではないか?
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。