スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碑文谷から見たヒカリエ

2013/07/09(火) 00:26:54 [【12-13】オレンジをアップデート]

 目黒碑文谷ダイエー最上階のフードコートから、渋谷・新宿方向を望んだ。
 このように少し距離をおいて観察すると、渋谷はそれほど高層建築が多い街ではない。新宿と比べて、その林の密度は明らかに劣っている。
 積木のような外観を誇るあの渋谷ヒカリエも、これぐらい離れると、さほど自己主張が強くも珍妙にも感じない。表面に多少工夫を凝らしたというだけの、高層ビルのワンオブゼムに過ぎない。
 巨大建築物の設計者は、果たしてどのスケールにおいて鑑賞されることを念頭にそのデザインを決定しているのだろう? 近距離なのか、今ぐらいの距離なのか、それとも航空写真ぐらいの遠大なスケールなのか? 私達の文明は、現時点において何だかとても中途半端な段階にあるような懐疑を抱く。しかしそれは、今の自分自身が中途半端な存在であるから、そのような考えに捉われてしまうのではないのかとも思う。このフードコートは面積はさほど広くはないが、うどんと蕎麦とラーメンの店がそれぞれに独立して存在するので、麺類に関してはそこそこ充実している。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。