スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東急ハンズ渋谷店送迎バス

2013/07/15(月) 15:36:42 [【12-13】オレンジをアップデート]

 東急ハンズ渋谷店の前を通りかかったら、渋谷駅前行きの無料送迎バスが発車する所だったので、乗ってみることにした。

渋谷東急ハンズ送迎バス


 バスと名乗っているが、マイクロバスですらなく、ボックスワゴンを改造したような小さな車である。
 センター街の方を通ってまっすぐ駅まで向かうのかと思ったら、そうではなかった。何故かNHK代々木公園の方向へ走り出す。そのまましばらく走る。山手線の方向へ右折する交差点で、ロボットレストランの宣伝を振りまくラッピングトレーラーとすれ違う。歌舞伎町に所在する同店の宣伝がこんな所にまで。よほど景気が良いのであろう。
 右折を何度か行い、進行方向を南向きに変えて進む。109‐2脇の車道から、渋谷の北側に出て左折し、JRのガード下で停車する。ワゴンの運転席を降りた運転手が車体の左側に回り込んで手動でドアを開ける。自動ドアですらない! 降車する乗客に丁寧にお辞儀をする。その、神経質なまでに完璧主義的な接遇態度に見合うだけの正当な給与を貰っているのか何だか心配になる。
 このバスはここからまた客を載せて、東急ハンズへ向かうのだろう。
 ナンバープレートをチェックするのを忘れた。このバスが、2ナンバー、法規上におけるバスなのかどうかは、だから良く分からない。
 円山町の某所へ用事がある私にとっては、このバスに乗ったことは全くの無駄であった。駅から再び西へ歩くと、今度は東急百貨店渋谷本店の無料送迎バスを見つけた。形状は、ついさっき乗ったハンズの送迎バスと似たりよったりで、ただ塗装が違うというだけのように見えた。
 これらのバスに加えて、この街にはさらに代官山渋谷とをつなぐ東急トレンセのワインレッドのバスがあり、また渋谷区のコミュニティバスであるハチ公バスも走っている。谷という文字を含んでいる通り、起伏の多い巨大商業地という渋谷の街の性格が、これら様々の小型バスの生息環境となっているのだと思った。
 東急百貨店の無料送迎バスに乗ってみようとは全く思えなかった。駅前まで引き返すのはもうたくさんだ。

渋谷東急送迎バス
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。