スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『寒山詩』より1

2013/08/12(月) 17:19:47 [引用▼海外]

荘子送終を説いて、
天地を棺槨と為す。
凡そ此に帰る時有り。
唯だ一番のすだれをもちいよ。
死して将に青蠅をかわんとす。
弔ふに白鶴を労せず。
餓えて首陽山につかば、
生きては廉に死しても亦楽し。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。