スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東バス 北野→荻窪駅南口

2013/08/19(月) 01:46:11 [【12-13】オレンジをアップデート]

 三鷹市の最深部、中央自動車道の高架下にある北野のバス停は、二系統のバスの始発地点となっている。一つは小田急バスの吉祥寺行き、もうひとつが今回乗る関東バス荻窪行きだ。バスターミナルという程広くも無い、駐車スペースに関東バスの車体が入ってくると、小太りの運転手が降りて来て、近くにある不衛生な公衆便所に向かう。予想はしていたがこの公衆便所はやはり、ほとんどバス会社の社員のためだけに存在しているもののようだ。周囲には他に誰も居ない。
 夏の夜を定刻通り発車したバスには、私以外の乗客は誰も乗っていない。荻窪行きなのに、バスは南東に向かって進んでいるようだ。進むに連れて、少しずつ乗客が増える。給田というバス停で左折して進路を東に向け、すぐに京王本線千歳烏山駅前に着く。北野からここまでバス停にして五つぐらいだ。存外に近い。
 私以外の乗客は全て降車し、新しい乗客が乗ってくる。
 バスはそのまま東進し、同じく京王線の蘆花公園駅に向かう。世田谷の幹線道路沿いの景観には、印象に残るものも特に無い。ただ進行方向左手に、かの有名なトマトラーメンの開祖、アイバンラーメンの看板を目撃した時は気分がやや高揚する。時間を作って、一度食べに来なければなと思う。
 再び左折して北を向いた所にある蘆花公園駅前のバス停に停車する。時間調整のため、しばらく止まっているようだ。バス停の付近では中学生か高校生かがたむろして騒いでいる。
 バス車内にある広報物を読んでみる。関東バスでは「デジポンラリー」というスタンプラリーの企画を、この夏一杯やっているという。JR東日本の「ポケモンラリー」と似たようなもので、語感も意図的に似せたものだろう。「ゆるキャラ」にも似たいじましさが感じられるが、これで果たして何人の小学生が参加してくれるだろうか。
 夜の車道を再び走り始める。世田谷区から杉並区へ何時入ったのか、区境には看板があったはずだが見逃した。今度は井の頭線の高井戸駅前の高架下で、しばらく待機する。同じ井の頭線でも、永福町近辺は高架化されておらず、駅前は所謂「開かずの踏切」なのに対して、この駅は周辺の雰囲気にもずいぶんと余裕がある感じだ。四分ほど停車した後、発進する。
 311号線、いわゆる環八を北に向かってしばらく走った後、右手の脇道に入る。乗客が増える。車窓には個人指導塾の城南コベッツ、ファミレスの華屋与兵衛。
 飛ばすバス停が多くなる。車内放送で荻窪一丁目の地名を聞いてから、荻窪駅までなかなか辿りつかない。神田川は何時どこで渡ったのだろう? OKストアの看板が見えると、杉並・中野文化圏に入ってきたなと実感できる。やや渋滞気味だ。
 終点の一つ前のバス停は東電荻窪支社前である。駅南口に、西側から滑り込む。北口と異なり、いわゆるロータリーは無い。改めて降車客を見ると、ワイシャツ姿の人間が意外に多い。
 
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。