『寒山詩』より5

2013/08/30(金) 11:03:14 [漢詩漢文の勉強]

寒山幽奇多し。
登る者皆常に懼る。
月照して水澄澄。
風吹きて草猟猟。
凋梅は雪を花と作し、
兀木は雲を葉に充つ。
雨に触れて轉鮮霊。
晴るるに非ざれば陟るべからず。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら