轢死した手袋

2014/02/11(火) 21:05:05 [自由詩]

手袋の片方が轢死している。
伴侶と再会することは、無い。
春が来ても、無い。
人類が滅亡する日まで、無い。
いつか太陽がその持てる力を全て使い果たし、
赤色巨星と化して地球を呑み込む日が来ても、
無い。
寒い。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら