スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジオジブリと徳川黎明会

2014/06/07(土) 09:37:35 [【13-14】※現在工事中です]

 高架化されたJR中央線に並行して道路整備が行われている武蔵境駅の北側を、新しく開業した黄緑のシェアサイクルに乗って西へ進む。獣医大学の厩舎があるために馬糞の臭いがする道を住宅街の方に入ると、兼業農家の農地と宅地と高層マンションが混在する空間をゆっくりと走っていく武蔵野市のコミュニティバス、ムーバスとすれ違う。そのバス停間の距離はとても短く、速度はおそらく自転車よりも遅い。農家の玄関先では、無人直売所がある。
 変電所を大きく回り込んで小金井市側の住宅地に入ると、蔦植物が壁面に攀縁した、凝ったファサードの建物が視界に入る。図書館か美術館か、それとも企業の研究所か何かだろうかと思ったが、そうではない。かのスタジオジブリであった。周囲を植物で覆われつつ住宅街の中に不意にその瀟洒なデザインを誇示する所と、公共の文化施設のようにも見えるが一般人は立入禁止である所は、かつて目白の西側で目撃した徳川黎明会の建物と似ているなと何となく思った。
 角を曲がって東小金井駅に近づくと、広大な空地の一面が青いビニールシートに覆われている。巨大な医療施設の建設予定地だという。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。