カナブンと缶バッジ

2014/09/02(火) 22:14:04 [【13-14】※現在工事中です]

 この夏の地域新興イベントの景品として、職場の窓口で缶バッジを配布している。
 ある朝出勤すると、透明のアクリルの直方体の容器に積まれた缶バッジの中を、一匹のカナブンが遊泳している。
 友達がたくさん居ると思い込んで飛び込んで来たのだろうか?
 金属としては強靭ではない材質によって大量生産された缶バッジの表面と、飛翔翼と装甲とを兼ねた緑色の甲虫の背面とが、八月も半ばを過ぎた夏の光をそれぞれに反射して、それぞれに輝いている。



一本の針持つ無機物
一本も角持たぬ虫の
共通言語
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら