文選「甘泉の賦」(楊雄)より2

2016/02/09(火) 00:16:07 [漢詩漢文の勉強]

回猋はやくして其れ碭駭し、桂椒をひらきて栘楊を鬱む。



つむじ風がさっと吹き過ぎ、宮殿の周囲の桂や椒や栘や柳の木々を、おしわけては、寄せ集める。

※回猋の「猋」という字はカッコ良いなと思ったが、環境依存文字。
現代のリテラシー環境では、多用できないのではないか?
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら