スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六本木交差点交番横の金券ショップ

2016/04/16(土) 15:46:13 [エッセイ]

 東京シティビュースカイギャラリーで開催されている「フォスター+パートナーズ展」の入場券を、金券ショップにて大幅に安く入手した。六本木交差点の交番脇のこの店では、昨年十二月に見に行った「フランク・ゲーリー展」のチケットもかなり安かったので、ああ、ここで買えば良かったなと思った。
 暴力的かつ露骨な資本投下の継続によって、六本木一帯を「アートの街」としてブランディングしようとする都市開発が、前世紀末から開始された。圧倒的な経済力によって、その事業は何かを隠蔽しつつ、現在も継続している。世間的には、一応、成功したことになっているようだ。
 どんな街にも、抜け道は、ある。
 なければ、誰かが、作る。
 作られないとしたら、それは生態系として、街が機能していないということだ。
 つまり、その街は、死んでいる。
 この大黒屋のガラスケースに並べられた、様々な意匠のチケットを、改めて眺める。
 取り扱う領域としては、前述「フランク・ゲーリー展」の「21_21designsight」に加え、新国立美術館や、リニューアル後のサントリー美術館などをカバーしているようだ。
 
 ※

 節約した金額で、近くの「小諸そば」で昼食を食べても、まだお釣りが来る。
 この「小諸そば」も、それほど古い店ではない。時期的には、東日本大震災の後に出来た店だろう。それ以前には、この交差点付近には、立ち食いそば屋は富士そばしか存在しなかったように思う。
 一月の首都高の高架下をくぐり、森タワーに向かう。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。