土曜日の朝の神田錦町

2016/04/23(土) 21:12:43 [エッセイ]

 千代田区神田錦町は、神田の名を冠してはいるが、いわゆる神田にはそれほど近くは無い。JR神田駅と、半蔵門線新宿線神保町駅と、東西線竹橋駅の丁度中間に位置する、雑居ビルの領域だ。
 オフィス街のため、休日のこの街の朝は遅い。タリーズも小諸そばも九時にならないと開かないため、仕事前に朝食を食べる場所が無い。予報に反して雪になることがなかった小雨が、僅かに静かに降っているだけだ。
 千代田通りに面するオフィスビルの一階に、コンビニを見つける。セブンイレブン神田錦町店だ。とても広くて大きい。
 ただ、この店もやはり朝が遅い。パスタを食べようと思ったが、陳列作業の途中で、出勤時刻に間に合いそうもない。店員の人数も多くない。トレーから引き抜いてレジに持っていくのも気が引ける。
 適当に選んだカップの蕎麦にポットの湯を注ぐ。蛍光灯の白い光が照らす広いイートインの白いテーブルで、手早く朝食を済ます。
 清潔で、とても明るい場所。
 今日の仕事場はちよだプラットフォームスクウェア、千代田区立の貸会議場だ。銀色のチープカシオの素っ気ない時刻表示を確認する。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら