千川通りの春風

2016/04/27(水) 19:57:31 [エッセイ]

 千川通りの向こう側の中古バイク屋やラーメン屋の幟が、強風に煽られて大きく波打つ。
 商店街の幟の激しい旗めきが、硝子戸の中にいてもはっきりと聴こえる。
 風に対して、何時までも風を叩きつける、この音により、春が始まる。
 風はいつまでも続いている。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら